礼拝における新型コロナウィルス感染防止のための対策

  1. 教会内における対策

    • 常時マスク着用

    • 手指消毒の徹底(アルコール消毒・手洗い)

    • 3つの密(密閉・密集・密接)を避ける環境づくり

      • 換気の徹底

      • 人数制限(最大180席中35席に制限)
        (座席図ご参照)

      • 適切な距離(1.5~2m)の確保

      • 会話を控えめにする

    • 椅子、ドアノブ、手すり等の消毒の徹底

    • 来会者全員の氏名と連絡先の記録

    • 入り口、出口の区分
       

  2. 礼拝において

    • 礼拝中も奉仕者を含めて皆がマスクを着用

    • 時間の短縮《10:30~11:15》 ※通常10:30~11:45頃

    • 賛美歌は歌わず、マスク着用のまま小声で口ずさむ程度

    • 聖書、賛美歌の貸し出しの中止(各自持参。プリントの用意もあります。)

    • 受付において本人による記名はせず、受付奉仕者が確認

    • 受付ロビーに献金箱を設置(献金は、礼拝中に集めることはいたしません。)

    • 礼拝後は速やかに退堂。(教会に留まらないようお願いいたします。)
       

  3. その他

    • 自宅を出る前に体温計測をお願いいたします。※平熱+1度、風邪の諸症状、倦怠感がある場合は、礼拝出席をお控えいただきます。

    • 教会で茶菓等の提供はいたしません。熱中症予防のため、飲み物は各自ご持参ください。

    • 接触感染防止のため、礼拝前後、階段の昇降の一方通行にご協力をお願いします。

    • 「頌栄教会における礼拝再開のためのガイドライン」をよくお読みの上、ご理解とご協力をお願いいたします。

コロナ感染防止席配置図.png

座席図をクリックするとPDFの図が開きます。

新型コロナウィルス感染症防止対策 PDFファイル

PDFのマークをクリックすると文書が開きます。