• 頌栄教会

「なぜ集まるのか」(その1)

最終更新: 9月13日

先週から第一期「ひとつとなって礼拝しよう」(4/26-6/14)が始まりました。その 目標は「共に礼拝していることを皆が意識できるようになる」ということであるこ とは先週書いたとおりです。しかし、そもそもなぜ「共に」なのでしょう。なぜ礼 拝をするために「集まる」のでしょうか。  ある人は言います。「一人で聖書を読んでいると、独りよがりの読み方になる。だ から正しく聖書を読むためには、教会に行かなくてはならないのだ。」――しかし、 出版事情の悪かった昔ならまだしも、今日、聖書を学ぶための書籍はいくらでも出 版されています。説教集も、たくさん出版されています。著名な説教者の説教は、 今日、いくらでも本として読めるのです。アメリカではもう何十年も前からテレビ で説教を聴くこともできます。しかも、日曜日の午前中にやっています。地元の教 会へ行くよりも、部屋のくつろげる椅子に座って、大画面の液晶テレビで、臨場感 あふれる映像を見、有名な伝道者の感動的な説教に涙する方がよいかもしれませ ん。今はインターネットで、そのような生中継がいくらでも見られる時代になりま した。特にここ数ヶ月で世界中の多くの教会が新たに礼拝を生中継するようになっ ています。そして、クレジットカードがあれば、オンラインで献金もすることもで 、、、、、、、、、、、、、 きます。要するに、何が言いたいかと言うと、ただ個人の宗教的ニーズを満たすた めであるならば、必ずしも「集まる」必要はないということです。

  しかし、もう一方において、私たちは、世々のキリスト者が礼拝のために「集ま る」ということを大切にしてきたこと、「共に」礼拝することを大切にしてきたこと を知っています。ならばそれはなぜかをよく考えねばなりません。(次週に続く)

 わたしと共に主をたたえよ。ひとつになって御名をあがめよう。詩篇34:4


祈りの課題

1.教会に集うことができなくなった求道中の方々のために。

2.緊急事態宣言の下、仕事を失い、住まいを失い、いのちの危機に直面 している人々のために。また、それらの人々を支えるための働きのため に。

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

「悪魔に打ち勝つ生活(2)」(信仰生活入門26)

3世紀初頭に書かれた「ヒッポリトスの使徒伝承」という文書によると、古代 の洗礼式においては、志願者が司祭の右に立ってこう宣言することになっていた ようです。「サタン、わたしはおまえと、おまえの一切の虚栄と、おまえの一切 のわざを捨てる」。つまり洗礼は新しい命に生きることを意味するのですが、それはまたサタンに反旗をひるがえして戦う者として生きることをも意味したの です。それゆえに、洗礼式は「入隊式」

「悪魔に打ち勝つ生活(1)」(信仰生活入門25)

今回のテーマは「試練」と「誘惑」に関するものです。「試練」と「誘惑」の 問題について語るときに、どうしても避けて通ることができないのは「悪魔」に ついて語ることです。 さて、この「悪魔」についての二つの誤った態度があります。一つは過度に不 健全な関心を向けることです。今日、「悪魔」という検索ワードで検索するなら ば、約九千万件のヒットがあります。それだけ様々な関心から「悪魔」について 語られている

「神に献げる生活(4)」(信仰生活入門24)

私たちは自分で自分自身を造ったのでも、自分で自分自身を生かしているので もありません。また、自分で自分を救ったのでも、自分で永遠の命を獲得したの でもありません。すべては恵みによって与えられているのです。私たちは自分が 造ったのではない世界に取り囲まれ、自分が造ったのではないものによって支え られ、それらを通して生かされてきたのです。また自分の力によってではなく、 ただキリストが全てを捧げてくださ