• 頌栄教会

「なぜ集まるのか」(その2)

 現在、第一期「ひとつとなって礼拝しよう」(4/26-6/14)を共に過ごしています。 その目標は「共に礼拝していることを皆が意識できるようになる」ということです。  私たちは、世々のキリスト者が礼拝のために「集まる」ということ、「共に」礼拝 することを大切にしてきたことを知っています。そもそも、それは何のためだった のでしょう。その理解の足がかりとなるのは使徒言行録20:7です。そこには週 の初めの日(日曜日)に何のために集まっていたかがはっきりと書かれています。 それは「パンを裂くため」でした。今日の言葉で言うならば「聖餐を行うために」 ということです。まだ今日のような形ではありません。通常の食事の形を取ってい ました。パンを文字通り「裂いた」のです。しかし、通常の食事の形ではあっても、 明らかにそれは特別な食事でした。それは「主の晩餐」とも呼ばれていました。  ご存じのように、聖餐(主の晩餐)というのは、主が弟子たちと行った最後の晩 餐に由来します。主はパンを裂いて言われました。「これは、あなたがたのためのわ たしの体である。わたしの記念としてこのように行いなさい」(1コリント11:2 4)。その言葉のとおり、イエス様は御自分を渡してしまわれるおつもりでした。そ して、主は十字架にかかられて死なれました。体は釘で裂かれ、血が流されました。 イエス様が言われたとおりでした。ですから主の御言葉どおり、イエス様を記念し て、後のキリスト者は「主の晩餐を」行ったのです。キリストの復活の記念の日、 週の初めの日に行ったのです。そして、当然のことながら、集まることなくして、 共にいることなくして「主の晩餐」を行うことはできないのです。(次号に続く)

週の初めの日、わたしたがパンを裂くに集まっていると...。使徒言行録20:7


祈りの課題

1.ペンテコステへと向かう復活節の時をふさわしく過ごすことができる ように。

2.休校の期間自宅で過ごしている子どもたちのために。学業の継続が困 難となっている学生たちのために。

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

「悪魔に打ち勝つ生活(2)」(信仰生活入門26)

3世紀初頭に書かれた「ヒッポリトスの使徒伝承」という文書によると、古代 の洗礼式においては、志願者が司祭の右に立ってこう宣言することになっていた ようです。「サタン、わたしはおまえと、おまえの一切の虚栄と、おまえの一切 のわざを捨てる」。つまり洗礼は新しい命に生きることを意味するのですが、それはまたサタンに反旗をひるがえして戦う者として生きることをも意味したの です。それゆえに、洗礼式は「入隊式」

「悪魔に打ち勝つ生活(1)」(信仰生活入門25)

今回のテーマは「試練」と「誘惑」に関するものです。「試練」と「誘惑」の 問題について語るときに、どうしても避けて通ることができないのは「悪魔」に ついて語ることです。 さて、この「悪魔」についての二つの誤った態度があります。一つは過度に不 健全な関心を向けることです。今日、「悪魔」という検索ワードで検索するなら ば、約九千万件のヒットがあります。それだけ様々な関心から「悪魔」について 語られている

「神に献げる生活(4)」(信仰生活入門24)

私たちは自分で自分自身を造ったのでも、自分で自分自身を生かしているので もありません。また、自分で自分を救ったのでも、自分で永遠の命を獲得したの でもありません。すべては恵みによって与えられているのです。私たちは自分が 造ったのではない世界に取り囲まれ、自分が造ったのではないものによって支え られ、それらを通して生かされてきたのです。また自分の力によってではなく、 ただキリストが全てを捧げてくださ