• 頌栄教会

「なぜ集まるのか」(その3)

先週のコラムに書きましたように、もともと教会が「集まる」ことを大切にした のは、「主の晩餐」を行うためでした。ならば重要なのは、そのように集まって「主 の晩餐」を行うことが、いったい何を意味したのか、ということでしょう。  そこで注目したいのは、ヨハネによる福音書における「最後の晩餐」の場面です。 実は、ヨハネによる福音書には「これはわたしの体である。これはわたしの血であ る」という、あの聖餐の制定の場面が出てきません。その代わりに書かれているの は、例えば、イエス様が弟子たちの足を洗ったという話、そして「ぶどうの木のた とえ」のようなイエス様の説教です。結論から言いますと、他の福音書は聖餐の制 定の場面を伝えているのに対し、ヨハネによる福音書は聖餐の意味を説き明かして いるのです。それゆえに、この福音書を読むと、初期のキリスト者が、いったい何 を考えて、聖餐を行っていたかが良く分かるのです。  今週は特に最後の晩餐において繰り返されている主の御言葉に耳を傾けましょ う。主は言われました。「わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに 愛し合いなさい」。聖餐を行うということがいったい何を意味するのか。それをどの ように弟子たちは理解したのか――。ここにはっきり現れています。すなわち、イ エス様に愛された者として、互いに愛し合う共同体を形作ること、教会を形作るこ と、まさにそれが聖餐を行うということなのです。そのように、互いに愛し合う共 同体を形作るために、そのような教会を造るために、神の家族となるために、キリ スト者は集まったのです。時には命がけで集まったのです。 (次号に続く)


あなたがたに新しい掟を与える。互いに愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。互いに愛し合うならば、それによってあなたがたがわたしの弟子であることを、皆が知るであろう。ヨハネ13:34-35


祈りの課題

1.集まることができない時であっても、一人ひとりが礼拝を重んじ、日々 御言葉と共に歩んでいくことができるように。

2.これからも皆が他者の命を重んじ、感染予防・拡大防止のための注意 を継続していくことができるように。

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

「終わりに備える生活(2)」(信仰生活入門30)

葬儀は誰のために行われるのでしょうか。 まず考えられるのは、葬儀は亡くなった方のため、またその御遺族のために行 うということでしょう。葬り方によって亡くなった人の運命が左右されるわけで はありません。死の向こうは神の領域ですから。亡くなった方を手厚く葬ること は純粋にその方に対する愛の表現です。また、葬儀は遺族のための慰めでもあり ます。慰めは人々の愛によっても与えられますが、最終的には福音の言葉

「終わりに備える生活(1)」(信仰生活入門29)

人生の終わりである「死」に向けてきちんと備えをすることができるためには、 自らの「死」と平安をもって向き合うことのできる確かな根拠が必要です。その ためには単なる「死は終わりではない」という言葉や、一般的な「霊魂不滅の思 想」は本質的に助けになりません。「死」と向き合うことは、自らの人生と向き 合うことでもあるからです。人生における罪責を負ったまま、死んでもなお永遠 に罪人として《不滅》であるとす

「悪魔に打ち勝つ生活(4)」(信仰生活入門28)

「神の武具」について、前回の続きです。 4「信仰の盾」 この「盾」とは体がすっぽりと入る大盾を意味します。「悪 い者(すなわち悪魔)」は様々な形で「火の矢」を放ってくることでしょう。時 にそれは「誘惑」であり、時には「艱難」であるかも知れません。私たちは悪魔 に対して「火の矢を放つな」とは言えません。火の矢が飛んでくる現実は避けら れません。しかし、その火の矢で火だるまになる必要もありません。火の