• 頌栄教会

「なぜ集まるのか」(その3)

先週のコラムに書きましたように、もともと教会が「集まる」ことを大切にした のは、「主の晩餐」を行うためでした。ならば重要なのは、そのように集まって「主 の晩餐」を行うことが、いったい何を意味したのか、ということでしょう。  そこで注目したいのは、ヨハネによる福音書における「最後の晩餐」の場面です。 実は、ヨハネによる福音書には「これはわたしの体である。これはわたしの血であ る」という、あの聖餐の制定の場面が出てきません。その代わりに書かれているの は、例えば、イエス様が弟子たちの足を洗ったという話、そして「ぶどうの木のた とえ」のようなイエス様の説教です。結論から言いますと、他の福音書は聖餐の制 定の場面を伝えているのに対し、ヨハネによる福音書は聖餐の意味を説き明かして いるのです。それゆえに、この福音書を読むと、初期のキリスト者が、いったい何 を考えて、聖餐を行っていたかが良く分かるのです。  今週は特に最後の晩餐において繰り返されている主の御言葉に耳を傾けましょ う。主は言われました。「わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに 愛し合いなさい」。聖餐を行うということがいったい何を意味するのか。それをどの ように弟子たちは理解したのか――。ここにはっきり現れています。すなわち、イ エス様に愛された者として、互いに愛し合う共同体を形作ること、教会を形作るこ と、まさにそれが聖餐を行うということなのです。そのように、互いに愛し合う共 同体を形作るために、そのような教会を造るために、神の家族となるために、キリ スト者は集まったのです。時には命がけで集まったのです。 (次号に続く)


あなたがたに新しい掟を与える。互いに愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。互いに愛し合うならば、それによってあなたがたがわたしの弟子であることを、皆が知るであろう。ヨハネ13:34-35


祈りの課題

1.集まることができない時であっても、一人ひとりが礼拝を重んじ、日々 御言葉と共に歩んでいくことができるように。

2.これからも皆が他者の命を重んじ、感染予防・拡大防止のための注意 を継続していくことができるように。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

「悪魔に打ち勝つ生活(2)」(信仰生活入門26)

3世紀初頭に書かれた「ヒッポリトスの使徒伝承」という文書によると、古代 の洗礼式においては、志願者が司祭の右に立ってこう宣言することになっていた ようです。「サタン、わたしはおまえと、おまえの一切の虚栄と、おまえの一切 のわざを捨てる」。つまり洗礼は新しい命に生きることを意味するのですが、それはまたサタンに反旗をひるがえして戦う者として生きることをも意味したの です。それゆえに、洗礼式は「入隊式」

「悪魔に打ち勝つ生活(1)」(信仰生活入門25)

今回のテーマは「試練」と「誘惑」に関するものです。「試練」と「誘惑」の 問題について語るときに、どうしても避けて通ることができないのは「悪魔」に ついて語ることです。 さて、この「悪魔」についての二つの誤った態度があります。一つは過度に不 健全な関心を向けることです。今日、「悪魔」という検索ワードで検索するなら ば、約九千万件のヒットがあります。それだけ様々な関心から「悪魔」について 語られている

「神に献げる生活(4)」(信仰生活入門24)

私たちは自分で自分自身を造ったのでも、自分で自分自身を生かしているので もありません。また、自分で自分を救ったのでも、自分で永遠の命を獲得したの でもありません。すべては恵みによって与えられているのです。私たちは自分が 造ったのではない世界に取り囲まれ、自分が造ったのではないものによって支え られ、それらを通して生かされてきたのです。また自分の力によってではなく、 ただキリストが全てを捧げてくださ