• 頌栄教会

「なぜ集まるのか」(その4)

最終更新: 2020年9月13日

 教会が集まることを大切にしたのは、「主の晩餐」を行うためであり、それはすな わちキリストに愛された者として、互いに愛し合う共同体を形作るためであったこ とを前回のコラムに書きました。  「互いに愛し合う」ということは、根本的には、自分自身の罪、この世界の罪と の戦いです。罪の力は実にリアルです。罪とは「愛する」という方向とはまさに逆 方向へと強烈に引っ張ってゆく力です。それは愛を遠ざけ、関係を破壊する恐るべ き力です。その力が現にこの世界に働いており、私たち自身の内にも働いているの です。ですから、「互いに愛し合いなさい」というのは、まさに「罪との戦い」への 招きに他ならないのです。イエス様は、まず弟子たちを、教会を、私たちを、この 世界のただ中における罪との戦いへと招かれたのです。共に集まって礼拝をする共 同体を造るということは、その罪との戦いの具体的な形なのです。  それゆえにまた、この言葉をイエス様御自身からいただいたということが決定的 に重要な意味を持つことになります。主がまず私たちを愛してくださったからで す。「わたしがあなたがたを愛したように」と書かれているとおりです。主にとっ て、私たちを愛することが、何の痛みも苦しみをも伴わないことであったと考えて はなりません。主が私たちを愛するということは、私たちの罪を背負って、十字架 の上で死ぬことを意味したのです。すなわち、私たちを愛するということにおいて、 既に主が命がけの戦いをしてくださったのです。その主の戦いに私たちもまた加わるように招かれている。それゆえに私たちは集まるのです。 (次回に続く)


あなたがたに新しい掟を与える。互いに愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。互いに愛し合うならば、それによってあなたがたがわたしの弟子であることを、皆が知るであろう。ヨハネ13:34-35


祈りの課題

1.聖霊降臨祭を共に祝う世界の諸教会のために。散らされている状態に あっても聖霊によって一つとされて礼拝をささげることができるよう に。

2.国家においても、教会においても、現状を正しく認識し、今後の歩み について相応しい判断がくだされるよう、聖霊による照らしと導きが与 えられるように。


1回の閲覧

最新記事

すべて表示

「終わりに備える生活(2)」(信仰生活入門30)

葬儀は誰のために行われるのでしょうか。 まず考えられるのは、葬儀は亡くなった方のため、またその御遺族のために行 うということでしょう。葬り方によって亡くなった人の運命が左右されるわけで はありません。死の向こうは神の領域ですから。亡くなった方を手厚く葬ること は純粋にその方に対する愛の表現です。また、葬儀は遺族のための慰めでもあり ます。慰めは人々の愛によっても与えられますが、最終的には福音の言葉

「終わりに備える生活(1)」(信仰生活入門29)

人生の終わりである「死」に向けてきちんと備えをすることができるためには、 自らの「死」と平安をもって向き合うことのできる確かな根拠が必要です。その ためには単なる「死は終わりではない」という言葉や、一般的な「霊魂不滅の思 想」は本質的に助けになりません。「死」と向き合うことは、自らの人生と向き 合うことでもあるからです。人生における罪責を負ったまま、死んでもなお永遠 に罪人として《不滅》であるとす

「悪魔に打ち勝つ生活(4)」(信仰生活入門28)

「神の武具」について、前回の続きです。 4「信仰の盾」 この「盾」とは体がすっぽりと入る大盾を意味します。「悪 い者(すなわち悪魔)」は様々な形で「火の矢」を放ってくることでしょう。時 にそれは「誘惑」であり、時には「艱難」であるかも知れません。私たちは悪魔 に対して「火の矢を放つな」とは言えません。火の矢が飛んでくる現実は避けら れません。しかし、その火の矢で火だるまになる必要もありません。火の