• 頌栄教会

「なぜ集まるのか」(その5)

最終更新: 2020年9月13日

 共に集まって礼拝をし、教会を形作るということは、先週書きましたように、「罪 との戦い」という面を持っています。しかし、戦いだけではありません。共に集ま ってささげる礼拝は、何よりも勝利の祝いに他ならないのです。エフェソの信徒へ の手紙1章には、そのような勝利の祝いの喜びが満ち溢れています。  7節には「わたしたちはこの御子において、その血によって贖われ、罪を赦され ました。これは神の豊かな恵みによるものです」と書かれています。しかし、神の 恵みは罪の赦しに留まりません。「神はこの恵みをわたしたちの上にあふれさせ、す べての知恵と理解とを与えて、秘められた計画をわたしたちに知らせてくださいま した」と続きます。その計画とは何か。続く9節と10節を注意深く読んでみてく ださい。神が明らかにされた神の計画とは、救いの完成に至る計画です。それは「あ らゆるものが、頭であるキリストのもとに一つにまとめられる」というものです。  私たちは神の豊かな恵みを知りました。その恵みによって、やがては、罪によっ てズタズタに引き裂かれたこの世界がキリストのもとに一つにまとめられ、神の救 いが完成するのです。キリストにおいて既に現されたように、神の愛は人間の罪に 打ち勝つのです。私たちはキリストによって、そのような神の秘められた計画を知 らされたのです。だから私たちは集まるのです。この世界に先駆けて、まず私たち が、救いの完成を指し示すしるしとしてキリストのもとに集められていることを知 ったからです。それゆえに私たちは罪との戦いを続けながらも、この世界に先駆けて既に勝利の祝いを始めているのです。 (次回に続く)


こうして、時が満ちるに及んで、救いの業が完成され、あらゆるものが、頭であるキリストのもとに一つにまとめられます。天にあるものも地にあるものもキリストのもとに一つにまとめられるのです。エフェソ1:10


祈りの課題

1.礼拝堂に集まってささげる礼拝の再開に向けての準備のために。

2.感染が拡大している南半球の国々のために。特に医療の行き届いてい ない地域の人々のために。


3回の閲覧

最新記事

すべて表示

「終わりに備える生活(2)」(信仰生活入門30)

葬儀は誰のために行われるのでしょうか。 まず考えられるのは、葬儀は亡くなった方のため、またその御遺族のために行 うということでしょう。葬り方によって亡くなった人の運命が左右されるわけで はありません。死の向こうは神の領域ですから。亡くなった方を手厚く葬ること は純粋にその方に対する愛の表現です。また、葬儀は遺族のための慰めでもあり ます。慰めは人々の愛によっても与えられますが、最終的には福音の言葉

「終わりに備える生活(1)」(信仰生活入門29)

人生の終わりである「死」に向けてきちんと備えをすることができるためには、 自らの「死」と平安をもって向き合うことのできる確かな根拠が必要です。その ためには単なる「死は終わりではない」という言葉や、一般的な「霊魂不滅の思 想」は本質的に助けになりません。「死」と向き合うことは、自らの人生と向き 合うことでもあるからです。人生における罪責を負ったまま、死んでもなお永遠 に罪人として《不滅》であるとす

「悪魔に打ち勝つ生活(4)」(信仰生活入門28)

「神の武具」について、前回の続きです。 4「信仰の盾」 この「盾」とは体がすっぽりと入る大盾を意味します。「悪 い者(すなわち悪魔)」は様々な形で「火の矢」を放ってくることでしょう。時 にそれは「誘惑」であり、時には「艱難」であるかも知れません。私たちは悪魔 に対して「火の矢を放つな」とは言えません。火の矢が飛んでくる現実は避けら れません。しかし、その火の矢で火だるまになる必要もありません。火の