• 頌栄教会

「なぜ集まるのか」(その6)

最終更新: 2020年9月13日

 先週の主日は聖霊降臨祭でした。あの五旬祭の日、再び集められた主の弟子たち が共に祈っていた時、彼らの上に聖霊が降りました。そして、そこから教会の宣教 の歴史が始まりました。それゆえ私たちは毎年聖霊降臨祭を祝います。  これまで見てきたとおり、教会はその初めから、主の晩餐を行うために集まりま した。それは主が愛されたように、互いに愛し合う共同体を形成するためでした。 それは根本的には、愛を遠ざけ、関係を破壊する「罪」との戦いを意味しました。 それはキリストの戦いに参与することに他なりませんでした。キリストの戦いなら ば、既に勝利は定まっています。それゆえに、主の晩餐を行うことは勝利の祝いを も意味しました。そして、はっきりしていることは、あの聖霊降臨がなければ、こ れらすべては起こり得なかったということです。教会が集まり行っていることは、 聖霊の御業によって始まり、聖霊の御業によって成り立っているのです。  先週のコラムではエフェソの信徒への手紙1章を引用しましたが、そこでは「聖 霊」について、「わたしたちが御国(神の国)を受け継ぐための保証である」と表現 されています。「保証」というのは、手付け金を表す言葉です。やがて救いが完成し、 神の国を見ることになります。いわば全額をいただく時が来る。その一部を先にい ただくのです。今はまだ、救いは完成していません。自分の罪、この世の罪によっ て引き裂かれた世界に私たちは生きています。しかし、そのような世界に聖霊が降 り、私たちはその御業の中で、共に集まるようになりました。そこには戦いがあり ます。そして祝いがあります。そのすべてにおいて私たちは神の国を既に味わいはじめているのです。(清弘剛生)


この聖霊は、わたしたちが御国を受け継ぐための保証であり、こうして、わたしたちは贖われて神のものとなり、神の栄光をたたえることになるのです。エフェソ1:14


祈りの課題

1. 日々聖霊に満たされ、遣わされている場においてキリストを証しして 生きることができるように。

2. 教会に集うことができない子どもたちのために。(次聖日は「花の日・ 子どもの日」です。)

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

「終わりに備える生活(2)」(信仰生活入門30)

葬儀は誰のために行われるのでしょうか。 まず考えられるのは、葬儀は亡くなった方のため、またその御遺族のために行 うということでしょう。葬り方によって亡くなった人の運命が左右されるわけで はありません。死の向こうは神の領域ですから。亡くなった方を手厚く葬ること は純粋にその方に対する愛の表現です。また、葬儀は遺族のための慰めでもあり ます。慰めは人々の愛によっても与えられますが、最終的には福音の言葉

「終わりに備える生活(1)」(信仰生活入門29)

人生の終わりである「死」に向けてきちんと備えをすることができるためには、 自らの「死」と平安をもって向き合うことのできる確かな根拠が必要です。その ためには単なる「死は終わりではない」という言葉や、一般的な「霊魂不滅の思 想」は本質的に助けになりません。「死」と向き合うことは、自らの人生と向き 合うことでもあるからです。人生における罪責を負ったまま、死んでもなお永遠 に罪人として《不滅》であるとす

「悪魔に打ち勝つ生活(4)」(信仰生活入門28)

「神の武具」について、前回の続きです。 4「信仰の盾」 この「盾」とは体がすっぽりと入る大盾を意味します。「悪 い者(すなわち悪魔)」は様々な形で「火の矢」を放ってくることでしょう。時 にそれは「誘惑」であり、時には「艱難」であるかも知れません。私たちは悪魔 に対して「火の矢を放つな」とは言えません。火の矢が飛んでくる現実は避けら れません。しかし、その火の矢で火だるまになる必要もありません。火の