• 頌栄教会

「アドベントに入りました」

 今日から待降節(アドベント)に入りました。教会暦の一年はアドベントから始まります。アドベントという呼び名は、「到来」を意味するラテン語に由来します。そのように、この期間はキリストが二千年前に「到来した」ことを思い巡らす時です。またこの期間は、キリストが再び「到来する」こと、すなわち「キリストの再臨」について思い巡らすべき時です。

 私たちの人生も、この世界の歴史も、ある方向に確実に動いています。決して後戻りすることはありません。どこに向かっているのでしょうか。衰えて行き着く人生の終わりでしょうか。破局と崩壊に至る世界の終わりでしょうか。いいえ、そうではないと聖書は教えます。私たちが向かっているのは主にお会いする「その時」なのです。アドベントはそのことを改めて思い巡らす時なのです。

それはまた私たちの人生において何が大切であり、何が大切でないかを省みる時ともなるでしょう。それはまた必然的に悔い改めの時ともなるのでしょう。今日から飾り布の色が変わり、受難節の時と同じ「紫」になるのもそのような意味合いです。アドベントは単にクリスマスの準備の期間ではありません。自らを省み、本来あるべきところに立ち帰る悔い改めの期間なのです。

 そのように自らを省みる第一の場所は礼拝を捧げるこの礼拝堂です。この期間、礼拝堂において過ごす時間を大切にしましょう。礼拝堂を祈りの場所として聖別しましょう。特に礼拝前、礼拝堂に入ったら沈黙を心がけてください。自分自身の祈りだけでなく他者の祈りを妨げないためです。     (清弘剛生)

すべて肉なる者よ、主の御前に黙せ。主はその聖なる住まいから立ち上がられる。 ゼカリヤ2:16

4回の閲覧

最新記事

すべて表示

「終わりに備える生活(2)」(信仰生活入門30)

葬儀は誰のために行われるのでしょうか。 まず考えられるのは、葬儀は亡くなった方のため、またその御遺族のために行 うということでしょう。葬り方によって亡くなった人の運命が左右されるわけで はありません。死の向こうは神の領域ですから。亡くなった方を手厚く葬ること は純粋にその方に対する愛の表現です。また、葬儀は遺族のための慰めでもあり ます。慰めは人々の愛によっても与えられますが、最終的には福音の言葉

「終わりに備える生活(1)」(信仰生活入門29)

人生の終わりである「死」に向けてきちんと備えをすることができるためには、 自らの「死」と平安をもって向き合うことのできる確かな根拠が必要です。その ためには単なる「死は終わりではない」という言葉や、一般的な「霊魂不滅の思 想」は本質的に助けになりません。「死」と向き合うことは、自らの人生と向き 合うことでもあるからです。人生における罪責を負ったまま、死んでもなお永遠 に罪人として《不滅》であるとす

「悪魔に打ち勝つ生活(4)」(信仰生活入門28)

「神の武具」について、前回の続きです。 4「信仰の盾」 この「盾」とは体がすっぽりと入る大盾を意味します。「悪 い者(すなわち悪魔)」は様々な形で「火の矢」を放ってくることでしょう。時 にそれは「誘惑」であり、時には「艱難」であるかも知れません。私たちは悪魔 に対して「火の矢を放つな」とは言えません。火の矢が飛んでくる現実は避けら れません。しかし、その火の矢で火だるまになる必要もありません。火の