• 頌栄教会

「イースターおめでとうございます」

 イースターは、歴史的にはクリスマスより早くから祝われてきた祝祭です。

教会 はキリストの復活を祝い続けてきました。それは、キリストが過去の人ではなくて、 今も生きておられる救い主であると教会が信じ続けてきたということでもありま す。

ただ「教え」が今日まで生きているのではありません。キリスト御自身が生き ていると教会は信じているのです。

 復活されたキリストが今も生きておられ、私たちを救ってくださるという信仰を 最も鮮やかに示しているのは、本日の第2朗読において語られている「洗礼」です。

「キリスト・イエスに結ばれるために洗礼を受けたわたしたち」(ローマ6:3)と いう表現が出てきました。この言葉など、まさに「キリストは生きておられる」と いう信仰なくしてはまったく意味をなしません。洗礼は単なる形式的な儀式ではあ りません。もしそうならば遠の昔に失われていることでしょう。しかし実際には、 教会は洗礼を二千年の長きに渡り、時には殉教者の血が流される中、命がけで行い 続けてきたのです。何のために?

――「キリスト・イエスに結ばれるため」です。  そして、そのようにキリストの内にあり、キリストに結ばれているならば、私た ちお互いもまた、復活されたキリストによって結び合わされているのでしょう。 そのような私たちとして、今日はそれぞれの場にありながらも、時を同じくして礼 、、 拝をささげ、共に主の復活を祝います。その「共に」は目には見えませんが、確かに私たちの礼拝において起こっている霊的な出来事なのです。(清弘剛生)

 それともあなたがたは知らないのですか。キリスト・イエスに結ばれるために洗礼を受けたわたしたちが皆、またその死にあずかるために洗礼をうけたことを。ローマ6:3

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

「終わりに備える生活(2)」(信仰生活入門30)

葬儀は誰のために行われるのでしょうか。 まず考えられるのは、葬儀は亡くなった方のため、またその御遺族のために行 うということでしょう。葬り方によって亡くなった人の運命が左右されるわけで はありません。死の向こうは神の領域ですから。亡くなった方を手厚く葬ること は純粋にその方に対する愛の表現です。また、葬儀は遺族のための慰めでもあり ます。慰めは人々の愛によっても与えられますが、最終的には福音の言葉

「終わりに備える生活(1)」(信仰生活入門29)

人生の終わりである「死」に向けてきちんと備えをすることができるためには、 自らの「死」と平安をもって向き合うことのできる確かな根拠が必要です。その ためには単なる「死は終わりではない」という言葉や、一般的な「霊魂不滅の思 想」は本質的に助けになりません。「死」と向き合うことは、自らの人生と向き 合うことでもあるからです。人生における罪責を負ったまま、死んでもなお永遠 に罪人として《不滅》であるとす

「悪魔に打ち勝つ生活(4)」(信仰生活入門28)

「神の武具」について、前回の続きです。 4「信仰の盾」 この「盾」とは体がすっぽりと入る大盾を意味します。「悪 い者(すなわち悪魔)」は様々な形で「火の矢」を放ってくることでしょう。時 にそれは「誘惑」であり、時には「艱難」であるかも知れません。私たちは悪魔 に対して「火の矢を放つな」とは言えません。火の矢が飛んでくる現実は避けら れません。しかし、その火の矢で火だるまになる必要もありません。火の