• 頌栄教会

「イースターおめでとうございます」

 イースターは、歴史的にはクリスマスより早くから祝われてきた祝祭です。

教会 はキリストの復活を祝い続けてきました。それは、キリストが過去の人ではなくて、 今も生きておられる救い主であると教会が信じ続けてきたということでもありま す。

ただ「教え」が今日まで生きているのではありません。キリスト御自身が生き ていると教会は信じているのです。

 復活されたキリストが今も生きておられ、私たちを救ってくださるという信仰を 最も鮮やかに示しているのは、本日の第2朗読において語られている「洗礼」です。

「キリスト・イエスに結ばれるために洗礼を受けたわたしたち」(ローマ6:3)と いう表現が出てきました。この言葉など、まさに「キリストは生きておられる」と いう信仰なくしてはまったく意味をなしません。洗礼は単なる形式的な儀式ではあ りません。もしそうならば遠の昔に失われていることでしょう。しかし実際には、 教会は洗礼を二千年の長きに渡り、時には殉教者の血が流される中、命がけで行い 続けてきたのです。何のために?

――「キリスト・イエスに結ばれるため」です。  そして、そのようにキリストの内にあり、キリストに結ばれているならば、私た ちお互いもまた、復活されたキリストによって結び合わされているのでしょう。 そのような私たちとして、今日はそれぞれの場にありながらも、時を同じくして礼 、、 拝をささげ、共に主の復活を祝います。その「共に」は目には見えませんが、確かに私たちの礼拝において起こっている霊的な出来事なのです。(清弘剛生)

 それともあなたがたは知らないのですか。キリスト・イエスに結ばれるために洗礼を受けたわたしたちが皆、またその死にあずかるために洗礼をうけたことを。ローマ6:3

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

「悪魔に打ち勝つ生活(2)」(信仰生活入門26)

3世紀初頭に書かれた「ヒッポリトスの使徒伝承」という文書によると、古代 の洗礼式においては、志願者が司祭の右に立ってこう宣言することになっていた ようです。「サタン、わたしはおまえと、おまえの一切の虚栄と、おまえの一切 のわざを捨てる」。つまり洗礼は新しい命に生きることを意味するのですが、それはまたサタンに反旗をひるがえして戦う者として生きることをも意味したの です。それゆえに、洗礼式は「入隊式」

「悪魔に打ち勝つ生活(1)」(信仰生活入門25)

今回のテーマは「試練」と「誘惑」に関するものです。「試練」と「誘惑」の 問題について語るときに、どうしても避けて通ることができないのは「悪魔」に ついて語ることです。 さて、この「悪魔」についての二つの誤った態度があります。一つは過度に不 健全な関心を向けることです。今日、「悪魔」という検索ワードで検索するなら ば、約九千万件のヒットがあります。それだけ様々な関心から「悪魔」について 語られている

「神に献げる生活(4)」(信仰生活入門24)

私たちは自分で自分自身を造ったのでも、自分で自分自身を生かしているので もありません。また、自分で自分を救ったのでも、自分で永遠の命を獲得したの でもありません。すべては恵みによって与えられているのです。私たちは自分が 造ったのではない世界に取り囲まれ、自分が造ったのではないものによって支え られ、それらを通して生かされてきたのです。また自分の力によってではなく、 ただキリストが全てを捧げてくださ