• 頌栄教会

「キリストを証しする生活(1)」(信仰生活入門13)

「キリストを証しする生活(1)」(信仰生活入門13)

  頌栄教会が存在するのは、代々の教会が二千年間伝道することを止めなかったからです。キリスト教信仰が伝道によって伝えられてきたという事実は、キリスト教信仰において「伝道」が本質的な意味を持つということを示しています。伝道に無頓着なキリスト者はキリスト教信仰の本質的な部分を見失っているとも言えるのです。

 伝道は人から始まったのではありません。神から始まりました。神がまず御子を世にお遣わしになられたのです。遣わされたキリスト御自身、失われた羊を見つけるまで捜し求める羊飼いを譬えとして神の愛を語られました。キリストが語られたのは、羊を見つけた時に「羊が喜んだ」という話ではなく、羊飼いが喜んだという話しなのです。伝道はこの神の愛に基づきます。私たちはなぜ伝道するのか。それは神が人を追い求めておられるからです。神が人間に御自身の愛を伝えたいと願っておられるからです。

 もちろん、救いの喜びを誰かに伝えたいという思いは、最も自然な伝道の動機と言えます。あるいは、伝道するのは教会を存続させるため、という理由付けも成り立つでしょう。しかし、それが第一の理由ではないのです。キリストは「あなたたちがしたかったら伝道しなさい」と言われたのではなく、「全世界に行って、すべての造られたものに福音を宣べ伝えなさい」(マルコ16:15)と言われたのです。キリストをこの世に遣わした神の愛とキリストによる派遣こそが、私たちが伝道する第一の理由であり根拠なのです。(清弘剛生)

あなたがたに平和があるように。父がわたしをお遣わしになったように、わたしもあなたがたを遣わす。 ヨハネ20:21

8回の閲覧

最新記事

すべて表示

「終わりに備える生活(2)」(信仰生活入門30)

葬儀は誰のために行われるのでしょうか。 まず考えられるのは、葬儀は亡くなった方のため、またその御遺族のために行 うということでしょう。葬り方によって亡くなった人の運命が左右されるわけで はありません。死の向こうは神の領域ですから。亡くなった方を手厚く葬ること は純粋にその方に対する愛の表現です。また、葬儀は遺族のための慰めでもあり ます。慰めは人々の愛によっても与えられますが、最終的には福音の言葉

「終わりに備える生活(1)」(信仰生活入門29)

人生の終わりである「死」に向けてきちんと備えをすることができるためには、 自らの「死」と平安をもって向き合うことのできる確かな根拠が必要です。その ためには単なる「死は終わりではない」という言葉や、一般的な「霊魂不滅の思 想」は本質的に助けになりません。「死」と向き合うことは、自らの人生と向き 合うことでもあるからです。人生における罪責を負ったまま、死んでもなお永遠 に罪人として《不滅》であるとす

「悪魔に打ち勝つ生活(4)」(信仰生活入門28)

「神の武具」について、前回の続きです。 4「信仰の盾」 この「盾」とは体がすっぽりと入る大盾を意味します。「悪 い者(すなわち悪魔)」は様々な形で「火の矢」を放ってくることでしょう。時 にそれは「誘惑」であり、時には「艱難」であるかも知れません。私たちは悪魔 に対して「火の矢を放つな」とは言えません。火の矢が飛んでくる現実は避けら れません。しかし、その火の矢で火だるまになる必要もありません。火の