• 頌栄教会

「キリストを証しする生活(2)」(信仰生活入門14)  

 「伝道」という言葉を聞くとしり込みしてしまう人が少なくありません。熱心に伝道している人を見て「とても私には真似できない」と思ってしまうのでしょう。しかし、考えてみてください。皆さんはどのように導かれたのでしょうか。私たちの多くは、必ずしも優れた人や伝道熱心な人によって導かれたわけではないでしょう。人と人との小さな出会いを通して神が働きかけ、導いてくださったのです。ならば何も大げさに考えずともできることはありそうです。キリストを信じる信仰について上手に説明することはできないかもしれませんが、キリスト者であること、教会に行っていることを隠さないことはできるでしょう。「あなたがたは世の光である」と主は言われました。「世の光になれ」と言われたのではありません。既に光とされているのです。信仰の光は与えられているのです。与えられている光を升の下に置くようなことさえしなければよいのです。

 キリスト者であることを公にすることを躊躇する理由に、「あなたはそれでもキリスト者か」と言われることへの恐れがあるかもしれません。しかしその時には、「今はこんな私でごめんなさい。このような私をもキリストは愛して赦して受け入れてくださいました。きっといつかキリストの似姿に変えてくださいます」と言って、キリストの恵みの大きさを指し示したらよいのです。往々にしてキリスト者は自意識過剰です。変に思われるのではないか。色眼鏡で見られるのではないか。――いいえ、ほとんどの人は何も思いやしません。まずキリスト者であることを公にすること。そこから伝道は始まります。    (清弘剛生)

また、ともし火をともして升の下に置く者はいない。燭台の上に置く。そうすれば、家の中のものすべてを照らすのである。 マタイ5:15

3回の閲覧

最新記事

すべて表示

「終わりに備える生活(2)」(信仰生活入門30)

葬儀は誰のために行われるのでしょうか。 まず考えられるのは、葬儀は亡くなった方のため、またその御遺族のために行 うということでしょう。葬り方によって亡くなった人の運命が左右されるわけで はありません。死の向こうは神の領域ですから。亡くなった方を手厚く葬ること は純粋にその方に対する愛の表現です。また、葬儀は遺族のための慰めでもあり ます。慰めは人々の愛によっても与えられますが、最終的には福音の言葉

「終わりに備える生活(1)」(信仰生活入門29)

人生の終わりである「死」に向けてきちんと備えをすることができるためには、 自らの「死」と平安をもって向き合うことのできる確かな根拠が必要です。その ためには単なる「死は終わりではない」という言葉や、一般的な「霊魂不滅の思 想」は本質的に助けになりません。「死」と向き合うことは、自らの人生と向き 合うことでもあるからです。人生における罪責を負ったまま、死んでもなお永遠 に罪人として《不滅》であるとす

「悪魔に打ち勝つ生活(4)」(信仰生活入門28)

「神の武具」について、前回の続きです。 4「信仰の盾」 この「盾」とは体がすっぽりと入る大盾を意味します。「悪 い者(すなわち悪魔)」は様々な形で「火の矢」を放ってくることでしょう。時 にそれは「誘惑」であり、時には「艱難」であるかも知れません。私たちは悪魔 に対して「火の矢を放つな」とは言えません。火の矢が飛んでくる現実は避けら れません。しかし、その火の矢で火だるまになる必要もありません。火の