• 頌栄教会

「キリストを証しする生活(3)」(信仰生活入門15)

  イエス・キリストの福音は人間の言葉をもって伝えられます。ですから、あくまで人間が伝えなくてはなりません。神による救いの御業は神御自身によって人間の働きとは無関係に進められるのではありません。そこには人間の役割があるのです。

 しかし、人間の言葉それ自体は、他の人間に信仰を持たせることはできません。人がイエス・キリストを信じるのは人間の説得力によるのではなく、それは聖霊の働きであり、神の為したもう奇跡です。それゆえに聖書において信仰は神から受けた賜物として語られているのです。ファン・ルーラーという神学者はしばしば「聖霊がその魔法の杖で心に触れることによって、その心に福音の通路を造るのである」という素朴な表現を用いていますが、まさにそうとしか表現できない神秘がそこにあるのです。

 そのように、これは神のお働きなのですから、私たちは福音を人間の言葉をもって伝えると共に、そこに神の御業を切に求めねばなりません。教会の伝道の働きには、神の救いの御業を求める熱心な祈りが必然的に伴うものなのです。私たちが愛をもって家族や友人に神のことを語るだけでなく、その同じ愛をもって家族や友人のことを神に語らねばならなりません。祈りを伴わない伝道は、それがどれほど善意に満ちたものであれ、相手を支配しようとする傲慢な押しつけとなってしまうものです。                    (清弘剛生)

イエス・キリストの僕であり、使徒であるシメオン・ペトロから、わたしたちの神と救い主イエス・キリストの義によって、わたしたちと同じ尊い信仰を受けた人たちへ。 2ペトロ1:1

閲覧数:10回

最新記事

すべて表示

「御国が来ますように」という祈りに、この第三の祈りが続きます。これは第 二の祈りの内容的な展開であると考えられます。「御国が来ますように」と祈る ということは、天におけるように地の上にも神の御心が行われることを願い求め ることでもあるからです。 「地の上に御心が行われること」を求める祈りは、現実には地の上に御心が実 現していないという事実を示しています。実際私たちはそのような世界に生きて いるので