• 頌栄教会

「キリストを証しする生活(4)」(信仰生活入門16)

 下記の聖句に示されているように、「伝道」とは交わりへの招きです。言い換えるならば伝道とは「教会」への招きです。ならば、その「教会」がどのような状態にあるかは伝道において極めて重要なことであるに違いありません。教会が本当の意味で「御父と御子イエス・キリストとの交わり」になっているかどうか。人々がそこに「御父と御子イエス・キリストとの交わり」を見ることができるかどうか。そこが問われます。

 さて、「そこが問われます」と申しましたが、私たちは往々にして自分を外に置いて《問う》側にまわってしまいやすいものです。「わたしたちは」と語り始めるのではなく、「この教会は」と外から指差して問題を語り始めてしまいやすい。しかしそのこと自体が、実は教会の質を最も低めることになるのです。間違ってはなりません。まず私たち自身から始まるのです。私たち自身の悔い改めと祈りから始まるのです。まず私たち自身の内に妬みや党派心、人間的なさまざまな悪意、破壊的な思いがないかどうかを主に照らしていただかなくてはなりません。そうでなければ、伝道を願いつつも、私たち自身が伝道の妨げとなってしまうかもしれません。いつでも良きことは小さな一人二人から始まります。生き生きとした信仰の交わりもまた心の砕かれた小さな一人の祈りから始まります。「御父と御子イエス・キリストとの交わり」へとこの世界を招くため、共に成熟を目指して進みましょう。                  (清弘剛生)

わたしたちが見、また聞いたことを、あなたがたにも伝えるのは、あなたがたもわたしたちとの交わりを持つようになるためです。わたしたちの交わりは、御父と御子イエス・キリストとの交わりです。 1ヨハネ1:3

13回の閲覧

最新記事

すべて表示

「終わりに備える生活(2)」(信仰生活入門30)

葬儀は誰のために行われるのでしょうか。 まず考えられるのは、葬儀は亡くなった方のため、またその御遺族のために行 うということでしょう。葬り方によって亡くなった人の運命が左右されるわけで はありません。死の向こうは神の領域ですから。亡くなった方を手厚く葬ること は純粋にその方に対する愛の表現です。また、葬儀は遺族のための慰めでもあり ます。慰めは人々の愛によっても与えられますが、最終的には福音の言葉

「終わりに備える生活(1)」(信仰生活入門29)

人生の終わりである「死」に向けてきちんと備えをすることができるためには、 自らの「死」と平安をもって向き合うことのできる確かな根拠が必要です。その ためには単なる「死は終わりではない」という言葉や、一般的な「霊魂不滅の思 想」は本質的に助けになりません。「死」と向き合うことは、自らの人生と向き 合うことでもあるからです。人生における罪責を負ったまま、死んでもなお永遠 に罪人として《不滅》であるとす

「悪魔に打ち勝つ生活(4)」(信仰生活入門28)

「神の武具」について、前回の続きです。 4「信仰の盾」 この「盾」とは体がすっぽりと入る大盾を意味します。「悪 い者(すなわち悪魔)」は様々な形で「火の矢」を放ってくることでしょう。時 にそれは「誘惑」であり、時には「艱難」であるかも知れません。私たちは悪魔 に対して「火の矢を放つな」とは言えません。火の矢が飛んでくる現実は避けら れません。しかし、その火の矢で火だるまになる必要もありません。火の