• 頌栄教会

「レントの黙想」(2)

 神の恵みが必ずしも恵みとして受け取られるとは限りません。確かに恵みは届いています。人は恵みにあずかることもできますが、もう一方において、与えられた恵みを無駄にしてしまうこともあり得ます。「神からいただいた恵みを無駄にしてはいけません」(2コリント6:1)と書かれているとおりです。それは十字架につけられていた二人の犯罪人の姿にも現れています。

 犯罪人の一人はこう言いました。「お前はメシアではないか。自分自身と我々を救ってみろ」。具体的には十字架から我々を降ろしてみろ、ということでしょう。彼が求めたのは十字架刑の苦しみから解放されることでした。苦しみがあれば苦しみから解放されることに救いを求める。それは私たちにも良く分かります。私たちも常々そうしていますから。問題があれば解決されることに救いを求めます。病気ならば癒されることに救いを求めます。死に直面したならば、死なないで少しでも長く生きられることに救いを求めます。個人的な事柄だけではりません。当時の熱心党員だったら、ユダヤ人社会全体がローマから解放されることに救いを求めるでしょう。苦しみから解放してくれてこそ救い主、メシアだと思う。期待に応えてくれないようなメシアなど要らないのです。

 「十字架にかけられていた犯罪人の一人が、イエスをののしった」と書かれています。「お前はメシアではないか」というのは、ののしりの言葉だったのです。なぜののしっているのか。十字架にかけられているメシアだからです。一緒に苦しんでいるようなメシアは要らないのです。

 この二人には等しく恵みが届いていました。しかし、その一人は残されている力を、救い主をののしるために使ってしまいました。      (清弘剛生)

十字架にかけられていた犯罪人の一人が、イエスをののしった。「お前はメシアではないか。自分自身と我々を救ってみろ。」 ルカ23:39

11回の閲覧

最新記事

すべて表示

「終わりに備える生活(2)」(信仰生活入門30)

葬儀は誰のために行われるのでしょうか。 まず考えられるのは、葬儀は亡くなった方のため、またその御遺族のために行 うということでしょう。葬り方によって亡くなった人の運命が左右されるわけで はありません。死の向こうは神の領域ですから。亡くなった方を手厚く葬ること は純粋にその方に対する愛の表現です。また、葬儀は遺族のための慰めでもあり ます。慰めは人々の愛によっても与えられますが、最終的には福音の言葉

「終わりに備える生活(1)」(信仰生活入門29)

人生の終わりである「死」に向けてきちんと備えをすることができるためには、 自らの「死」と平安をもって向き合うことのできる確かな根拠が必要です。その ためには単なる「死は終わりではない」という言葉や、一般的な「霊魂不滅の思 想」は本質的に助けになりません。「死」と向き合うことは、自らの人生と向き 合うことでもあるからです。人生における罪責を負ったまま、死んでもなお永遠 に罪人として《不滅》であるとす

「悪魔に打ち勝つ生活(4)」(信仰生活入門28)

「神の武具」について、前回の続きです。 4「信仰の盾」 この「盾」とは体がすっぽりと入る大盾を意味します。「悪 い者(すなわち悪魔)」は様々な形で「火の矢」を放ってくることでしょう。時 にそれは「誘惑」であり、時には「艱難」であるかも知れません。私たちは悪魔 に対して「火の矢を放つな」とは言えません。火の矢が飛んでくる現実は避けら れません。しかし、その火の矢で火だるまになる必要もありません。火の