• 頌栄教会

「レントの黙想」(3)

 「お前はメシアではないか。自分自身と我々を救ってみろ」。十字架にかけられた犯罪人の一人がそう言ってイエスをののしりました。しかしその時、もう一人がこう言ったのです。「お前は神をも恐れないのか、同じ刑罰を受けているのに」。――本当に必要なのは十字架から降ろしてもらうことなのか。いや、もっと重大なことがある。もう一人はそのことに気づいたのです。この二人はまさに人生の終わりに差しかかっているのです。それは単なる苦しみの時ではないのです。災いの時ではないのです。それは、人生そのものを問われている時なのです。与えられた命をどのように生きてきたのかが神の御前において問われている時なのです。そのような、この上なく厳粛な時を迎えていることに、もう一人は気づいたのです。彼が十字架にかけられているのは、確かに人間の裁きを受けた結果なのでしょう。しかし、最終的に裁く権威をお持ちなのは神です。真に人生を問われるのは、神の御前においてであることに、彼は思い至ったのです。

 ならば他人を裁いている場合ではありません。他人をののしっている場合ではありません。彼は叫びました。「お前は神をも恐れないのか」と。彼には分かっていたからです。神の御前においては、一人の罪人として立たざるを得ないということを。「すべてのものが神の目には裸であり、さらけ出されているのです」(ヘブライ4:13)。ならば本当に必要なのは十字架から降ろしてもらうことではないでしょう。もっと重大なことがある。神の御前においてその人生を問われている罪人が、それでもなお救われるのか否かということであるに違いありません。彼は残されている力を、救いを求めることに使ったのでした。(清弘剛生)

すると、もう一人の方がたしなめた。「お前は神をも恐れないのか、同じ刑罰を受けているのに。我々は、自分のやったことの報いを受けているのだから、当然だ。しかし、この方は何も悪いことをしていない。」 ルカ23:40‐41

23回の閲覧

最新記事

すべて表示

「終わりに備える生活(2)」(信仰生活入門30)

葬儀は誰のために行われるのでしょうか。 まず考えられるのは、葬儀は亡くなった方のため、またその御遺族のために行 うということでしょう。葬り方によって亡くなった人の運命が左右されるわけで はありません。死の向こうは神の領域ですから。亡くなった方を手厚く葬ること は純粋にその方に対する愛の表現です。また、葬儀は遺族のための慰めでもあり ます。慰めは人々の愛によっても与えられますが、最終的には福音の言葉

「終わりに備える生活(1)」(信仰生活入門29)

人生の終わりである「死」に向けてきちんと備えをすることができるためには、 自らの「死」と平安をもって向き合うことのできる確かな根拠が必要です。その ためには単なる「死は終わりではない」という言葉や、一般的な「霊魂不滅の思 想」は本質的に助けになりません。「死」と向き合うことは、自らの人生と向き 合うことでもあるからです。人生における罪責を負ったまま、死んでもなお永遠 に罪人として《不滅》であるとす

「悪魔に打ち勝つ生活(4)」(信仰生活入門28)

「神の武具」について、前回の続きです。 4「信仰の盾」 この「盾」とは体がすっぽりと入る大盾を意味します。「悪 い者(すなわち悪魔)」は様々な形で「火の矢」を放ってくることでしょう。時 にそれは「誘惑」であり、時には「艱難」であるかも知れません。私たちは悪魔 に対して「火の矢を放つな」とは言えません。火の矢が飛んでくる現実は避けら れません。しかし、その火の矢で火だるまになる必要もありません。火の