• 頌栄教会

「レントの黙想」(4)

 彼は最後の力を振り絞るようにして、こう言いました。「イエスよ、あなたの御国においでになるときには、わたしを思い出してください」(42節)。

 「あなたの御国」とは「あなたの王国」という言葉です。彼はイエスこそ天の王座にお着きになる御方だと信じたのです。王であるということは、裁きの権威を持っているということでもあります。天の王座に着いて、最終的に人間を裁く権威を持っているのはこの御方であると彼は信じたのです。

 罪を裁くことのできる御方を前にして、人は何を思うのでしょう。罪に満ちた一生を思うならば、「わたしを忘れてください」と口にするのが自然なのかもしれません。「わたしが生きていたことなど忘れてください。わたしがしてきたすべてをどうぞ忘れてください」と。しかし、彼は言ったのです。「わたしを思い出してください。わたしを覚えていてください」と。どうしてですか。この御方は、イエスという王は、きっと憐れんでくださるに違いないと思ったからでしょう。「父よ、彼らをお赦しください。自分が何をしているのか知らないのです」。その声が届くほどに近くにいた彼は、その憐れみの中に自分もいると信じたのです。イエスという王は、その裁きを行う権威をもって、赦しを宣言してくださるに違いない。私の人生そのものに赦しを与えてくださる御方であるに違いない。彼はそう信じたのです。その意味において「イエスよ、あなたの御国においでになるときには、わたしを思い出してください」という言葉は、天の王座に着くべき御方に罪の赦しと憐れみを願う切なる祈りであったとも言えるでしょう。人生の終わりにさしかかったこの人にとって、本当に重要なことは十字架から降ろしてもらうことではなくて、罪を赦していただくことだったのです。 (清弘剛生)

そして、「イエスよ、あなたの御国においでになるときには、わたしを思い出してください」と言った。 ルカ23:42

6回の閲覧

最新記事

すべて表示

「終わりに備える生活(2)」(信仰生活入門30)

葬儀は誰のために行われるのでしょうか。 まず考えられるのは、葬儀は亡くなった方のため、またその御遺族のために行 うということでしょう。葬り方によって亡くなった人の運命が左右されるわけで はありません。死の向こうは神の領域ですから。亡くなった方を手厚く葬ること は純粋にその方に対する愛の表現です。また、葬儀は遺族のための慰めでもあり ます。慰めは人々の愛によっても与えられますが、最終的には福音の言葉

「終わりに備える生活(1)」(信仰生活入門29)

人生の終わりである「死」に向けてきちんと備えをすることができるためには、 自らの「死」と平安をもって向き合うことのできる確かな根拠が必要です。その ためには単なる「死は終わりではない」という言葉や、一般的な「霊魂不滅の思 想」は本質的に助けになりません。「死」と向き合うことは、自らの人生と向き 合うことでもあるからです。人生における罪責を負ったまま、死んでもなお永遠 に罪人として《不滅》であるとす

「悪魔に打ち勝つ生活(4)」(信仰生活入門28)

「神の武具」について、前回の続きです。 4「信仰の盾」 この「盾」とは体がすっぽりと入る大盾を意味します。「悪 い者(すなわち悪魔)」は様々な形で「火の矢」を放ってくることでしょう。時 にそれは「誘惑」であり、時には「艱難」であるかも知れません。私たちは悪魔 に対して「火の矢を放つな」とは言えません。火の矢が飛んでくる現実は避けら れません。しかし、その火の矢で火だるまになる必要もありません。火の