• 頌栄教会

「レントの黙想」(5)  

 「イエスよ、あなたの御国においでになるときには、わたしを思い出してください」。そう口にした犯罪人の一人に、主はこう答えられました。「はっきり言っておくが、あなたは今日わたしと一緒に楽園にいる」。イエス様が御国の王座に着いた後ではなく、また、この犯罪人が死んだ後でもなく、彼がまだ生きているその時に、彼はイエス様の口から答えを聞いたのです。「あなたは今日わたしと一緒に楽園にいる。」――これは彼にとって、まさに完全な罪の赦しの宣言に他なりませんでした。彼はもはや罪人として死んでいく必要はなくなったのです。地上において、まだ十字架の上でもがき苦しんでいるときに、罪の赦しの言葉を前もって聞くことができたのです。彼はその言葉が耳に届くところにいました。いや、「いさせられました」と言うべきでしょう。自ら好んで十字架にかかったわけではありませんから。しかし、そこに「いさせられた」ことは恵みでした。神の恵みは十字架にかけられた犯罪人にも届いていました。そして、彼はその恵みに確かにあずかることができたのです。

 この同じ恵みが、私たちにも届いていることを感謝しましょう。彼がイエス様の側に「いさせられた」のは人生最後の日でした。私たちは、人生最後の日ではなくて、その前に既にイエス様のもとにいるのです。ここに連れて来られているのです。裁きの時にではなく、前もって罪の赦しの言葉を聴くことのできる場所に、私たちは今身を置いているのです。いやそれだけでなく、今生きている間に、信仰生活において神の国の喜びを味わい始めているのです。それは恵みであり恵み以外の何ものでもありません。そして、その恵みを私たちは決して無駄にしてはならないのです。                     (清弘剛生)

するとイエスは、「はっきり言っておくが、あなたは今日わたしと一緒に楽園にいる」と言われた。 ルカ23:43

14回の閲覧

最新記事

すべて表示

「終わりに備える生活(2)」(信仰生活入門30)

葬儀は誰のために行われるのでしょうか。 まず考えられるのは、葬儀は亡くなった方のため、またその御遺族のために行 うということでしょう。葬り方によって亡くなった人の運命が左右されるわけで はありません。死の向こうは神の領域ですから。亡くなった方を手厚く葬ること は純粋にその方に対する愛の表現です。また、葬儀は遺族のための慰めでもあり ます。慰めは人々の愛によっても与えられますが、最終的には福音の言葉

「終わりに備える生活(1)」(信仰生活入門29)

人生の終わりである「死」に向けてきちんと備えをすることができるためには、 自らの「死」と平安をもって向き合うことのできる確かな根拠が必要です。その ためには単なる「死は終わりではない」という言葉や、一般的な「霊魂不滅の思 想」は本質的に助けになりません。「死」と向き合うことは、自らの人生と向き 合うことでもあるからです。人生における罪責を負ったまま、死んでもなお永遠 に罪人として《不滅》であるとす

「悪魔に打ち勝つ生活(4)」(信仰生活入門28)

「神の武具」について、前回の続きです。 4「信仰の盾」 この「盾」とは体がすっぽりと入る大盾を意味します。「悪 い者(すなわち悪魔)」は様々な形で「火の矢」を放ってくることでしょう。時 にそれは「誘惑」であり、時には「艱難」であるかも知れません。私たちは悪魔 に対して「火の矢を放つな」とは言えません。火の矢が飛んでくる現実は避けら れません。しかし、その火の矢で火だるまになる必要もありません。火の