• 頌栄教会

「世界聖餐日」

 10月第一主日は「世界聖餐日(World Communion Sunday)」と呼ばれます。戦前に米国長老教会に始まった習慣が、戦後、世界基督教連合会(WCCの前身)の呼びかけによって世界に広まっていきました。この日、私たちも世界中の多くの教会が互いに主によって結び合わされていることを覚えて聖餐にあずかります。

 イメージとしては、イエス様が主人としてパンを裂いて手渡してくださる聖餐卓を世界中のキリスト者と一緒に囲んでいる姿を思い浮かべてください。極東に位置する日本の私たちはいち早くパンと杯を手渡されます。そして今日一日をかけて世界中の教会に次々とパンと杯が手渡されていきます。イエス様は釘の跡がある御手をもってパンと杯を手渡してくださるとき、わたしたち全てのキリスト者に対してこう言われます。「これはあなたがたのためのわたしの体である。この杯は、わたしの血によって立てられる新しい契約である」と。主はおひとりです。そのひとりの主の一つの体に共にあずかっていることを思いつつパンと杯をいただきましょう。また私たちはそこで最後の晩餐において主が祈られた言葉を思い起こさなくてはなりません。「父よ、あなたがわたしの内におられ、わたしがあなたの内にいるように、すべての人を一つにしてください。彼らもわたしたちの内にいるようにしてください。そうすれば、世は、あなたがわたしをお遣わしになったことを、信じるようになります」(ヨハネ17:21)。これは今もなお変わることないイエス様の願いです。私たちはパンと杯と共に、この祈りをも主から受け取るのです。                   (清弘剛生)

パンは一つだから、わたしたちは大勢でも一つの体です。皆が一つのパンを分けて食べるからです。 1コリント10:17

14回の閲覧

最新記事

すべて表示

「悪魔に打ち勝つ生活(2)」(信仰生活入門26)

3世紀初頭に書かれた「ヒッポリトスの使徒伝承」という文書によると、古代 の洗礼式においては、志願者が司祭の右に立ってこう宣言することになっていた ようです。「サタン、わたしはおまえと、おまえの一切の虚栄と、おまえの一切 のわざを捨てる」。つまり洗礼は新しい命に生きることを意味するのですが、それはまたサタンに反旗をひるがえして戦う者として生きることをも意味したの です。それゆえに、洗礼式は「入隊式」

「悪魔に打ち勝つ生活(1)」(信仰生活入門25)

今回のテーマは「試練」と「誘惑」に関するものです。「試練」と「誘惑」の 問題について語るときに、どうしても避けて通ることができないのは「悪魔」に ついて語ることです。 さて、この「悪魔」についての二つの誤った態度があります。一つは過度に不 健全な関心を向けることです。今日、「悪魔」という検索ワードで検索するなら ば、約九千万件のヒットがあります。それだけ様々な関心から「悪魔」について 語られている

「神に献げる生活(4)」(信仰生活入門24)

私たちは自分で自分自身を造ったのでも、自分で自分自身を生かしているので もありません。また、自分で自分を救ったのでも、自分で永遠の命を獲得したの でもありません。すべては恵みによって与えられているのです。私たちは自分が 造ったのではない世界に取り囲まれ、自分が造ったのではないものによって支え られ、それらを通して生かされてきたのです。また自分の力によってではなく、 ただキリストが全てを捧げてくださ