• 頌栄教会

「世界聖餐日」

 10月第一主日は「世界聖餐日(World Communion Sunday)」と呼ばれます。戦前に米国長老教会に始まった習慣が、戦後、世界基督教連合会(WCCの前身)の呼びかけによって世界に広まっていきました。この日、私たちも世界中の多くの教会が互いに主によって結び合わされていることを覚えて聖餐にあずかります。

 イメージとしては、イエス様が主人としてパンを裂いて手渡してくださる聖餐卓を世界中のキリスト者と一緒に囲んでいる姿を思い浮かべてください。極東に位置する日本の私たちはいち早くパンと杯を手渡されます。そして今日一日をかけて世界中の教会に次々とパンと杯が手渡されていきます。イエス様は釘の跡がある御手をもってパンと杯を手渡してくださるとき、わたしたち全てのキリスト者に対してこう言われます。「これはあなたがたのためのわたしの体である。この杯は、わたしの血によって立てられる新しい契約である」と。主はおひとりです。そのひとりの主の一つの体に共にあずかっていることを思いつつパンと杯をいただきましょう。また私たちはそこで最後の晩餐において主が祈られた言葉を思い起こさなくてはなりません。「父よ、あなたがわたしの内におられ、わたしがあなたの内にいるように、すべての人を一つにしてください。彼らもわたしたちの内にいるようにしてください。そうすれば、世は、あなたがわたしをお遣わしになったことを、信じるようになります」(ヨハネ17:21)。これは今もなお変わることないイエス様の願いです。私たちはパンと杯と共に、この祈りをも主から受け取るのです。                   (清弘剛生)

パンは一つだから、わたしたちは大勢でも一つの体です。皆が一つのパンを分けて食べるからです。 1コリント10:17

28回の閲覧

最新記事

すべて表示

「終わりに備える生活(2)」(信仰生活入門30)

葬儀は誰のために行われるのでしょうか。 まず考えられるのは、葬儀は亡くなった方のため、またその御遺族のために行 うということでしょう。葬り方によって亡くなった人の運命が左右されるわけで はありません。死の向こうは神の領域ですから。亡くなった方を手厚く葬ること は純粋にその方に対する愛の表現です。また、葬儀は遺族のための慰めでもあり ます。慰めは人々の愛によっても与えられますが、最終的には福音の言葉

「終わりに備える生活(1)」(信仰生活入門29)

人生の終わりである「死」に向けてきちんと備えをすることができるためには、 自らの「死」と平安をもって向き合うことのできる確かな根拠が必要です。その ためには単なる「死は終わりではない」という言葉や、一般的な「霊魂不滅の思 想」は本質的に助けになりません。「死」と向き合うことは、自らの人生と向き 合うことでもあるからです。人生における罪責を負ったまま、死んでもなお永遠 に罪人として《不滅》であるとす

「悪魔に打ち勝つ生活(4)」(信仰生活入門28)

「神の武具」について、前回の続きです。 4「信仰の盾」 この「盾」とは体がすっぽりと入る大盾を意味します。「悪 い者(すなわち悪魔)」は様々な形で「火の矢」を放ってくることでしょう。時 にそれは「誘惑」であり、時には「艱難」であるかも知れません。私たちは悪魔 に対して「火の矢を放つな」とは言えません。火の矢が飛んでくる現実は避けら れません。しかし、その火の矢で火だるまになる必要もありません。火の