• 頌栄教会

「主の日に集まる生活(1)」(信仰生活入門1) 

 日曜日に行われているのは、讃美歌付き講演会ではありません。聖書研究会でもありません。「礼拝」です。礼拝(ワーシップ)とは「あなたこそ私たちにとって最も価値ある御方です」と表明し、神をたたえることです。神に最高の価値を帰することの最も直接的な表現、それが「礼拝」です。礼拝する姿こそが私たちが神に対して持つべき第一の姿です。なぜならこの世のすべての価値の源は神であり、神こそ最も尊ばれるべき御方であるからです。さらには、この上なく尊い神が最高に価値ある独り子を私たちに与え、最高に価値ある救いを私たちに与えてくださったからです。

 もちろん、礼拝を捧げるために日曜日に礼拝堂に集うことが実際的に困難なこともあり得ます。日曜日に必ずしも休みを取れない職業があることを私たちは知っています。そして、現に日曜日に働いている人がいるからこそ、私たちは日曜日に礼拝堂に集うことができるのです。また、どうしようもない家庭の事情や健康上の理由によって日曜日に礼拝堂まで来ることのできないこともあるでしょう。しかし、そのような様々な制約のもとにあるにせよ、なおそこで自分が礼拝を重んじて生きているか否かは自分で分かるものです。礼拝よりも他の何かを大事にして神を礼拝することを二の次三の次にしているならば、それは言ってみれば、「神様、あなたは私にとって二の次、三の次です」と表明しているのに等しいのです。神を重んじて生きようとするならば、まずできることは能う限り主の日の礼拝を重んじることです。                 (清弘剛生)

主に向かって歌い、御名をたたえよ。日から日へ、御救いの良い知らせを告げよ。 詩編96:2

7回の閲覧

最新記事

すべて表示

「終わりに備える生活(2)」(信仰生活入門30)

葬儀は誰のために行われるのでしょうか。 まず考えられるのは、葬儀は亡くなった方のため、またその御遺族のために行 うということでしょう。葬り方によって亡くなった人の運命が左右されるわけで はありません。死の向こうは神の領域ですから。亡くなった方を手厚く葬ること は純粋にその方に対する愛の表現です。また、葬儀は遺族のための慰めでもあり ます。慰めは人々の愛によっても与えられますが、最終的には福音の言葉

「終わりに備える生活(1)」(信仰生活入門29)

人生の終わりである「死」に向けてきちんと備えをすることができるためには、 自らの「死」と平安をもって向き合うことのできる確かな根拠が必要です。その ためには単なる「死は終わりではない」という言葉や、一般的な「霊魂不滅の思 想」は本質的に助けになりません。「死」と向き合うことは、自らの人生と向き 合うことでもあるからです。人生における罪責を負ったまま、死んでもなお永遠 に罪人として《不滅》であるとす

「悪魔に打ち勝つ生活(4)」(信仰生活入門28)

「神の武具」について、前回の続きです。 4「信仰の盾」 この「盾」とは体がすっぽりと入る大盾を意味します。「悪 い者(すなわち悪魔)」は様々な形で「火の矢」を放ってくることでしょう。時 にそれは「誘惑」であり、時には「艱難」であるかも知れません。私たちは悪魔 に対して「火の矢を放つな」とは言えません。火の矢が飛んでくる現実は避けら れません。しかし、その火の矢で火だるまになる必要もありません。火の