• 頌栄教会

「主の日に集まる生活(2)」(信仰生活入門2)

 礼拝のスタイルは時代によって、あるいは地域によって変わりますが、その基本的な構造と本質的な内容は二千年来変わっていません。なぜならそれは変わらざるものを土台として成り立っているからです。

 ドイツにヘルムート・ティーリケという神学者がいました。彼の「主の祈り」という説教集は長く読み継がれてきた名著です。そこに収められているのは戦時中に語られた「主の祈り」の講解説教です。その前書きには次のように書かれています。「ここに収めた説教の行われた教会堂は次々に爆破され、ついには、わたしたちは廃墟から廃墟へとさすらわねばなりませんでした。礼拝はしばしば空襲警報によって中断されました。(中略)まさにあの時には永遠の御言葉が特別に力強さを示したのでした。最も強固な壁でさえ崩壊し、最も高貴なヒューマニズムでさえもはや力なきところで、永遠の御言葉は、人間を支え、また慰めることのできる、そういう力であることを自ら示したのです。」

 目に見えるこの世界も私たちの生活も絶えず変化していきます。社会の変化のみならず、例えば私たち自身や家族の健康が損なわれても、大切な人が失われても、私たちの人生は一変し得ることを私たちは知っています。しかし、神は永遠に変わりません。神の救い、神の恵みも変わりません。神の御言葉も変わりません。私たちはその変わらざるものを土台として生きることができるのです。主の日の礼拝を重んじて生きることは、この永遠に変わらざる土台の上に人生を築いていくことに他ならないのです。               (清弘剛生)

草は枯れ、花はしぼむが、わたしたちの神の言葉はとこしえに立つ。 イザヤ40:8

11回の閲覧

最新記事

すべて表示

「終わりに備える生活(2)」(信仰生活入門30)

葬儀は誰のために行われるのでしょうか。 まず考えられるのは、葬儀は亡くなった方のため、またその御遺族のために行 うということでしょう。葬り方によって亡くなった人の運命が左右されるわけで はありません。死の向こうは神の領域ですから。亡くなった方を手厚く葬ること は純粋にその方に対する愛の表現です。また、葬儀は遺族のための慰めでもあり ます。慰めは人々の愛によっても与えられますが、最終的には福音の言葉

「終わりに備える生活(1)」(信仰生活入門29)

人生の終わりである「死」に向けてきちんと備えをすることができるためには、 自らの「死」と平安をもって向き合うことのできる確かな根拠が必要です。その ためには単なる「死は終わりではない」という言葉や、一般的な「霊魂不滅の思 想」は本質的に助けになりません。「死」と向き合うことは、自らの人生と向き 合うことでもあるからです。人生における罪責を負ったまま、死んでもなお永遠 に罪人として《不滅》であるとす

「悪魔に打ち勝つ生活(4)」(信仰生活入門28)

「神の武具」について、前回の続きです。 4「信仰の盾」 この「盾」とは体がすっぽりと入る大盾を意味します。「悪 い者(すなわち悪魔)」は様々な形で「火の矢」を放ってくることでしょう。時 にそれは「誘惑」であり、時には「艱難」であるかも知れません。私たちは悪魔 に対して「火の矢を放つな」とは言えません。火の矢が飛んでくる現実は避けら れません。しかし、その火の矢で火だるまになる必要もありません。火の