• 頌栄教会

「主の日に集まる生活(4)」(信仰生活入門4)

 主の日の礼拝に呼び集められた私たちは、自分自身を主にお献げし、この世界に遣わされていきます。主の日の礼拝は主による派遣の拠点です。 

 このシリーズの第一回目に、「礼拝(ワーシップ)とは『あなたこそ私たちにとって最も価値ある御方です』と表明し、神をたたえることです」と書きました。しかし、礼拝はただ表明に留まりません。そこで表明したことを、その人生全体において実現してこそ、本来の礼拝となるのです。パウロはその事実を次のように表現しました。「自分の体を神に喜ばれる聖なる生けるいけにえとして献げなさい。これこそ、あなたがたのなすべき礼拝です」。当然のことながら、自分の体を献げることは、この世における生活にかかわっています。それゆえ、神は私たちを再びこの世界へと送り出されるのです。私たちの週日は、私たちの献身を具体化する現場です。「わたしは自分を献げたのだ」という意識をもって、ある者は学校生活をし、ある者は社会の中で人と関わり、ある者は家庭生活を営みます。私たちが身を置くところ全てが私たちの派遣先です。

 そして、再び主の日を迎えます。派遣されながらも、実際には言葉をもって、行いをもって、怠りをもって主に背いてしまったことも多かった私たちを、それでもなお変わることなく、赦しと憐れみをもって主は御許に呼び集めてくださいます。それが主の日の礼拝です。そのように、教会こそが私たちのホームなのです。教会は行くところではなく、帰ってくるところです。    (清弘剛生)

こういうわけで、兄弟たち、神の憐れみによってあなたがたに勧めます。自分の体を神に喜ばれる聖なる生けるいけにえとして献げなさい。これこそ、あなたがたのなすべき礼拝です。 ローマ12:1

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

「終わりに備える生活(2)」(信仰生活入門30)

葬儀は誰のために行われるのでしょうか。 まず考えられるのは、葬儀は亡くなった方のため、またその御遺族のために行 うということでしょう。葬り方によって亡くなった人の運命が左右されるわけで はありません。死の向こうは神の領域ですから。亡くなった方を手厚く葬ること は純粋にその方に対する愛の表現です。また、葬儀は遺族のための慰めでもあり ます。慰めは人々の愛によっても与えられますが、最終的には福音の言葉

「終わりに備える生活(1)」(信仰生活入門29)

人生の終わりである「死」に向けてきちんと備えをすることができるためには、 自らの「死」と平安をもって向き合うことのできる確かな根拠が必要です。その ためには単なる「死は終わりではない」という言葉や、一般的な「霊魂不滅の思 想」は本質的に助けになりません。「死」と向き合うことは、自らの人生と向き 合うことでもあるからです。人生における罪責を負ったまま、死んでもなお永遠 に罪人として《不滅》であるとす

「悪魔に打ち勝つ生活(4)」(信仰生活入門28)

「神の武具」について、前回の続きです。 4「信仰の盾」 この「盾」とは体がすっぽりと入る大盾を意味します。「悪 い者(すなわち悪魔)」は様々な形で「火の矢」を放ってくることでしょう。時 にそれは「誘惑」であり、時には「艱難」であるかも知れません。私たちは悪魔 に対して「火の矢を放つな」とは言えません。火の矢が飛んでくる現実は避けら れません。しかし、その火の矢で火だるまになる必要もありません。火の