• 頌栄教会

「主の日に集まる生活(4)」(信仰生活入門4)

 主の日の礼拝に呼び集められた私たちは、自分自身を主にお献げし、この世界に遣わされていきます。主の日の礼拝は主による派遣の拠点です。 

 このシリーズの第一回目に、「礼拝(ワーシップ)とは『あなたこそ私たちにとって最も価値ある御方です』と表明し、神をたたえることです」と書きました。しかし、礼拝はただ表明に留まりません。そこで表明したことを、その人生全体において実現してこそ、本来の礼拝となるのです。パウロはその事実を次のように表現しました。「自分の体を神に喜ばれる聖なる生けるいけにえとして献げなさい。これこそ、あなたがたのなすべき礼拝です」。当然のことながら、自分の体を献げることは、この世における生活にかかわっています。それゆえ、神は私たちを再びこの世界へと送り出されるのです。私たちの週日は、私たちの献身を具体化する現場です。「わたしは自分を献げたのだ」という意識をもって、ある者は学校生活をし、ある者は社会の中で人と関わり、ある者は家庭生活を営みます。私たちが身を置くところ全てが私たちの派遣先です。

 そして、再び主の日を迎えます。派遣されながらも、実際には言葉をもって、行いをもって、怠りをもって主に背いてしまったことも多かった私たちを、それでもなお変わることなく、赦しと憐れみをもって主は御許に呼び集めてくださいます。それが主の日の礼拝です。そのように、教会こそが私たちのホームなのです。教会は行くところではなく、帰ってくるところです。    (清弘剛生)

こういうわけで、兄弟たち、神の憐れみによってあなたがたに勧めます。自分の体を神に喜ばれる聖なる生けるいけにえとして献げなさい。これこそ、あなたがたのなすべき礼拝です。 ローマ12:1

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

「悪魔に打ち勝つ生活(2)」(信仰生活入門26)

3世紀初頭に書かれた「ヒッポリトスの使徒伝承」という文書によると、古代 の洗礼式においては、志願者が司祭の右に立ってこう宣言することになっていた ようです。「サタン、わたしはおまえと、おまえの一切の虚栄と、おまえの一切 のわざを捨てる」。つまり洗礼は新しい命に生きることを意味するのですが、それはまたサタンに反旗をひるがえして戦う者として生きることをも意味したの です。それゆえに、洗礼式は「入隊式」

「悪魔に打ち勝つ生活(1)」(信仰生活入門25)

今回のテーマは「試練」と「誘惑」に関するものです。「試練」と「誘惑」の 問題について語るときに、どうしても避けて通ることができないのは「悪魔」に ついて語ることです。 さて、この「悪魔」についての二つの誤った態度があります。一つは過度に不 健全な関心を向けることです。今日、「悪魔」という検索ワードで検索するなら ば、約九千万件のヒットがあります。それだけ様々な関心から「悪魔」について 語られている

「神に献げる生活(4)」(信仰生活入門24)

私たちは自分で自分自身を造ったのでも、自分で自分自身を生かしているので もありません。また、自分で自分を救ったのでも、自分で永遠の命を獲得したの でもありません。すべては恵みによって与えられているのです。私たちは自分が 造ったのではない世界に取り囲まれ、自分が造ったのではないものによって支え られ、それらを通して生かされてきたのです。また自分の力によってではなく、 ただキリストが全てを捧げてくださ