• 頌栄教会

「御心が行われますように」(主の祈り5)

更新日:3月20日

「御国が来ますように」という祈りに、この第三の祈りが続きます。これは第

二の祈りの内容的な展開であると考えられます。「御国が来ますように」と祈る

ということは、天におけるように地の上にも神の御心が行われることを願い求め

ることでもあるからです。

「地の上に御心が行われること」を求める祈りは、現実には地の上に御心が実

現していないという事実を示しています。実際私たちはそのような世界に生きて

いるのです。そこに神の御心が成ることを求めることは、すなわち神の救いを求

めることに他なりません。そして、この世界に救いをもたらす神の御心は私たち

と全く無関係に行われるのではありません。

これに関連して思い起こされるのはイエス様御自身の祈りです。主は十字架に

かけられる前夜、ゲッセマネの園においてこのように祈られたのです。「父よ、

できることなら、この杯をわたしから過ぎ去らせてください。しかし、わたしの

願いどおりではなく、御心のままに」(マタイ26:39)。このようにイエス様

において、御心が地上に行われることを祈るということは、十字架に至るまで父

なる神に従順であるということを意味したのです。

神は御心を行うために人を用いられます。神は人間の従順を通して御心を行わ

れます。「地の上に御心が行われますように」という祈りは、何よりもまず私た

ち自身の内において神に逆らう肉の思いが征服され、神に従う者とされることを

求める祈りに他なりません。その祈りがあってこそ、さらに全地に神の支配が完

成し、救いの御心が実現することを祈り求める者となるのです。 (清弘剛生)



閲覧数:1回

最新記事

すべて表示

「御国が来ますように」とは何を求めての祈りでしょうか。皆が平和で幸福に 生きられる理想郷の実現を求める祈りでしょうか。この「国(王国)」とは「王 の支配」を意味します。この場合は「神の支配」です。そうしますと、「理想郷 の実現を求めること」は必ずしも「御国を求めること」を意味しません。理想郷 を求める人が、必ずしも神を求め、神の支配を求めているとは限らないからです。 主は平和で幸福な世界の実現を求