• 頌栄教会

「御言葉に聴く生活(1)」(信仰生活入門5)

 御言葉に聴く生活を築く上でまず重要なことは、主日礼拝における聖書朗読を神の言葉として聴くことです。

 礼拝では私たちそれぞれが好みの箇所を自分勝手に選んで読むのではありません。今日のために前もって選ばれていた聖書箇所の朗読を聴くのです。つまり純粋に「与えられた言葉」として聖書朗読を聴くのです。そこで重要なことは、神が今日この聖書の言葉を与え、神が今日ここにいる私たちに語りかけていてくださるのだ、という意識を持って聴くことです。

 聖書は三箇所朗読されます。朗読の間、聖書は必ずしも開かなくて結構です。大切なことは「聴くこと」ですから。もちろん開いても構いません。しかし、聖書朗読が既になされているのに、御言葉に耳を傾けず、まだ一生懸命に聖書を開くことに気をとられているならば本末転倒です。何のために聖書を開くのか分かりません。もし聖書を開くなら前もってしおりを挟んでおいて、すぐに開けるようにしておくとよいでしょう。とにかく集中して聴くことです。

 説教は聖書朗読の解き明かしに過ぎません。大事なのは説教よりも聖書の言葉そのものです。その週の聖書朗読を自分への語りかけとして聴くのでなければ、説教も自分への語りかけとして正しく聴くことはできません。せいぜい単なる「良いお話」か、もしくは良く分からない「退屈な話」に過ぎないものとなってしまいます。それでは礼拝になりません。聖書朗読の聴き方が変われば礼拝そのものが変わります。                     (清弘剛生)

わたしの魂はあなたの救いを求めて絶え入りそうです。あなたの御言葉を待ち望みます。 詩編119:81

7回の閲覧

最新記事

すべて表示

「悪魔に打ち勝つ生活(2)」(信仰生活入門26)

3世紀初頭に書かれた「ヒッポリトスの使徒伝承」という文書によると、古代 の洗礼式においては、志願者が司祭の右に立ってこう宣言することになっていた ようです。「サタン、わたしはおまえと、おまえの一切の虚栄と、おまえの一切 のわざを捨てる」。つまり洗礼は新しい命に生きることを意味するのですが、それはまたサタンに反旗をひるがえして戦う者として生きることをも意味したの です。それゆえに、洗礼式は「入隊式」

「悪魔に打ち勝つ生活(1)」(信仰生活入門25)

今回のテーマは「試練」と「誘惑」に関するものです。「試練」と「誘惑」の 問題について語るときに、どうしても避けて通ることができないのは「悪魔」に ついて語ることです。 さて、この「悪魔」についての二つの誤った態度があります。一つは過度に不 健全な関心を向けることです。今日、「悪魔」という検索ワードで検索するなら ば、約九千万件のヒットがあります。それだけ様々な関心から「悪魔」について 語られている

「神に献げる生活(4)」(信仰生活入門24)

私たちは自分で自分自身を造ったのでも、自分で自分自身を生かしているので もありません。また、自分で自分を救ったのでも、自分で永遠の命を獲得したの でもありません。すべては恵みによって与えられているのです。私たちは自分が 造ったのではない世界に取り囲まれ、自分が造ったのではないものによって支え られ、それらを通して生かされてきたのです。また自分の力によってではなく、 ただキリストが全てを捧げてくださ