• 頌栄教会

「御言葉に聴く生活(1)」(信仰生活入門5)

 御言葉に聴く生活を築く上でまず重要なことは、主日礼拝における聖書朗読を神の言葉として聴くことです。

 礼拝では私たちそれぞれが好みの箇所を自分勝手に選んで読むのではありません。今日のために前もって選ばれていた聖書箇所の朗読を聴くのです。つまり純粋に「与えられた言葉」として聖書朗読を聴くのです。そこで重要なことは、神が今日この聖書の言葉を与え、神が今日ここにいる私たちに語りかけていてくださるのだ、という意識を持って聴くことです。

 聖書は三箇所朗読されます。朗読の間、聖書は必ずしも開かなくて結構です。大切なことは「聴くこと」ですから。もちろん開いても構いません。しかし、聖書朗読が既になされているのに、御言葉に耳を傾けず、まだ一生懸命に聖書を開くことに気をとられているならば本末転倒です。何のために聖書を開くのか分かりません。もし聖書を開くなら前もってしおりを挟んでおいて、すぐに開けるようにしておくとよいでしょう。とにかく集中して聴くことです。

 説教は聖書朗読の解き明かしに過ぎません。大事なのは説教よりも聖書の言葉そのものです。その週の聖書朗読を自分への語りかけとして聴くのでなければ、説教も自分への語りかけとして正しく聴くことはできません。せいぜい単なる「良いお話」か、もしくは良く分からない「退屈な話」に過ぎないものとなってしまいます。それでは礼拝になりません。聖書朗読の聴き方が変われば礼拝そのものが変わります。                     (清弘剛生)

わたしの魂はあなたの救いを求めて絶え入りそうです。あなたの御言葉を待ち望みます。 詩編119:81

7回の閲覧

最新記事

すべて表示

「終わりに備える生活(2)」(信仰生活入門30)

葬儀は誰のために行われるのでしょうか。 まず考えられるのは、葬儀は亡くなった方のため、またその御遺族のために行 うということでしょう。葬り方によって亡くなった人の運命が左右されるわけで はありません。死の向こうは神の領域ですから。亡くなった方を手厚く葬ること は純粋にその方に対する愛の表現です。また、葬儀は遺族のための慰めでもあり ます。慰めは人々の愛によっても与えられますが、最終的には福音の言葉

「終わりに備える生活(1)」(信仰生活入門29)

人生の終わりである「死」に向けてきちんと備えをすることができるためには、 自らの「死」と平安をもって向き合うことのできる確かな根拠が必要です。その ためには単なる「死は終わりではない」という言葉や、一般的な「霊魂不滅の思 想」は本質的に助けになりません。「死」と向き合うことは、自らの人生と向き 合うことでもあるからです。人生における罪責を負ったまま、死んでもなお永遠 に罪人として《不滅》であるとす

「悪魔に打ち勝つ生活(4)」(信仰生活入門28)

「神の武具」について、前回の続きです。 4「信仰の盾」 この「盾」とは体がすっぽりと入る大盾を意味します。「悪 い者(すなわち悪魔)」は様々な形で「火の矢」を放ってくることでしょう。時 にそれは「誘惑」であり、時には「艱難」であるかも知れません。私たちは悪魔 に対して「火の矢を放つな」とは言えません。火の矢が飛んでくる現実は避けら れません。しかし、その火の矢で火だるまになる必要もありません。火の