• 頌栄教会

「御言葉に聴く生活(3)」(信仰生活入門7)

 御言葉に聴く生活を築く上で、日々聖書を開き、御言葉に耳を傾けることは重要です。そのために頌栄教会では、聖書日課表を毎月お配りしています。

 しかし、聖書を読むことに関して、「一人で読んでいると間違って解釈しているのではないかと心配」という言葉を耳にすることがあります。聖書を読むためには、いわゆる注解書が必要であると思っている人もいるようです。

 今から約500年前、宗教改革者たちが手がけた大きな事業の一つは、キリスト者が自国語で聖書を読めるようにすることでした。それまではラテン語で読まれていたのです。マルティン・ルターは聖書をドイツ語に訳しました。既に活版印刷術が発明されていたこともあり、翻訳聖書は急速に人々の手に渡るようになりました。当然のことながら、翻訳聖書は専門家の書物となることを想定されてはいませんでした。皆が読んで分かるようにとドイツ語に訳されたのですから。

 もちろん、礼拝を離れ、教会を離れて、聖書だけ読んでいればよいというのは、明らかに宗教改革者が意図していたことではありません。宗教改革は礼拝の改革でもあり、礼拝説教の回復でもありましたから。つまり、礼拝において、ラテン語ではなく、皆が分かる言葉で聖書が解き明かされ、福音が語られるということは、人々が自国語の聖書を手にするようになることの大前提だったのです。しかし、それは逆に言えば、礼拝において説教が正しく語られ、聴かれているならば、それぞれが自分で聖書を読むことについて、なんら心配する必要はないということでもあるのです。聖霊の導きを信じて聖書を開きましょう。  (清弘剛生)

しかし、その方、すなわち、真理の霊が来ると、あなたがたを導いて真理をことごとく悟らせる。 ヨハネ16:13

15回の閲覧

最新記事

すべて表示

「終わりに備える生活(2)」(信仰生活入門30)

葬儀は誰のために行われるのでしょうか。 まず考えられるのは、葬儀は亡くなった方のため、またその御遺族のために行 うということでしょう。葬り方によって亡くなった人の運命が左右されるわけで はありません。死の向こうは神の領域ですから。亡くなった方を手厚く葬ること は純粋にその方に対する愛の表現です。また、葬儀は遺族のための慰めでもあり ます。慰めは人々の愛によっても与えられますが、最終的には福音の言葉

「終わりに備える生活(1)」(信仰生活入門29)

人生の終わりである「死」に向けてきちんと備えをすることができるためには、 自らの「死」と平安をもって向き合うことのできる確かな根拠が必要です。その ためには単なる「死は終わりではない」という言葉や、一般的な「霊魂不滅の思 想」は本質的に助けになりません。「死」と向き合うことは、自らの人生と向き 合うことでもあるからです。人生における罪責を負ったまま、死んでもなお永遠 に罪人として《不滅》であるとす

「悪魔に打ち勝つ生活(4)」(信仰生活入門28)

「神の武具」について、前回の続きです。 4「信仰の盾」 この「盾」とは体がすっぽりと入る大盾を意味します。「悪 い者(すなわち悪魔)」は様々な形で「火の矢」を放ってくることでしょう。時 にそれは「誘惑」であり、時には「艱難」であるかも知れません。私たちは悪魔 に対して「火の矢を放つな」とは言えません。火の矢が飛んでくる現実は避けら れません。しかし、その火の矢で火だるまになる必要もありません。火の