• 頌栄教会

「御言葉に聴く生活(4)」(信仰生活入門8)

 各自が家で聖書を読む場合、何も注解書で調べながら読む必要はありません。いわゆる「素読」で十分です。聖書を読む時に重要なことは、基本的には礼拝において聖書朗読を聴くときと同じです。聖霊の導きを祈り求め、「今読んでいる聖書の言葉は、この私に何を語りかけているのだろうか。神様は、この聖書箇所を通して、何を語りかけておられるのだろうか」と考えながら読むことです。その意味において、私たちは「聴く」のです。そのように聴こうとする時に、以下の四つの問いが助けになるでしょう。 ①神(父・子・聖霊)はどのような御方として語られているか。②従うべき命令は語られているか。③倣うべき模範は描かれているか。④悔い改めるべき罪は示されているか。――この一つ一つを問いながら、まず聖書日課として与えられている聖書箇所を読んでみてください。さらには聖書全巻を通読することにぜひとも取り組んでください。

 聖書の中には信仰生活がスポーツに喩えられている箇所がいくつもありますが、確かに良く似ています。信仰生活はスポーツと同じように頭で考えているだけでは身につきません。実践しなくてはならない。私たちは信仰を持つまでに長い時間をかけて“不信仰生活”を身に着けてきたのです。それはいわば我流で身に着けたフォームのようなものです。それを直して“信仰生活”を身に着けるには、時間をかけた意識的な練習がどうしても必要となります。聖書を実際に読むこともその一つです。                    (清弘剛生)

俗悪で愚にもつかない作り話は退けなさい。信心のために自分を鍛えなさい。体の鍛練も多少は役に立ちますが、信心は、この世と来るべき世での命を約束するので、すべての点で益となるからです。1テモテ4:7-8

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

「終わりに備える生活(2)」(信仰生活入門30)

葬儀は誰のために行われるのでしょうか。 まず考えられるのは、葬儀は亡くなった方のため、またその御遺族のために行 うということでしょう。葬り方によって亡くなった人の運命が左右されるわけで はありません。死の向こうは神の領域ですから。亡くなった方を手厚く葬ること は純粋にその方に対する愛の表現です。また、葬儀は遺族のための慰めでもあり ます。慰めは人々の愛によっても与えられますが、最終的には福音の言葉

「終わりに備える生活(1)」(信仰生活入門29)

人生の終わりである「死」に向けてきちんと備えをすることができるためには、 自らの「死」と平安をもって向き合うことのできる確かな根拠が必要です。その ためには単なる「死は終わりではない」という言葉や、一般的な「霊魂不滅の思 想」は本質的に助けになりません。「死」と向き合うことは、自らの人生と向き 合うことでもあるからです。人生における罪責を負ったまま、死んでもなお永遠 に罪人として《不滅》であるとす

「悪魔に打ち勝つ生活(4)」(信仰生活入門28)

「神の武具」について、前回の続きです。 4「信仰の盾」 この「盾」とは体がすっぽりと入る大盾を意味します。「悪 い者(すなわち悪魔)」は様々な形で「火の矢」を放ってくることでしょう。時 にそれは「誘惑」であり、時には「艱難」であるかも知れません。私たちは悪魔 に対して「火の矢を放つな」とは言えません。火の矢が飛んでくる現実は避けら れません。しかし、その火の矢で火だるまになる必要もありません。火の