• 頌栄教会

「復活節に入りました」

「復活節に入りました」

 6週間半にわたる「受難節(レント)」の期間をどのように過ごされましたでしょうか。私たちは先週イースターの礼拝を共に守り、主の御復活をお祝いいたしました。ここから教会の暦では「復活節」という季節に入ります。6月9日の聖霊降臨祭(ペンテコステ)へと向かう50日間です。この期間は特に聖霊のお働きに心を向け、神の御業を待ち望む期間です。

 聖霊降臨祭は、キリストにおける救いの出来事をたどる一連の祝い――クリスマス、受難日、復活祭、昇天日、聖霊降臨祭―の最後に位置しています。J.モルトマン(ドイツの神学者)は「この聖霊降臨祭こそ他の祝いの目標である」と語りました。この聖霊のお働きがあるからこそ、今ここに生きている私たちが、二千年前にキリストによって成し遂げられた罪の贖いの恵みにあずかるのです。この聖霊のお働きがあるからこそ、罪を赦され救われた者として天の御国の命と力にあずかり、また、この世に遣わされた者として生き始めるのです。信仰生活とはキリストが御父から受けて注いでくださった聖霊を通して与えられる新しい命に生きる生活です。イエス様は弟子たちに、この約束された聖霊を待ち望むようにと言われました。弟子たちはひたすら切なる祈りをもって待ち望みました。そして、約束された聖霊はあのペンテコステの日に、ついにこの地上に注がれたのです。

 聖霊降臨祭に至るこの期間、あの最初の弟子たちのように切なる祈りをもって聖霊なる神とその御業をひたすら求めてまいりましょう。    (清弘剛生)

神はこのイエスを復活させられたのです。わたしたちは皆、そのことの証人です。それで、イエスは神の右に上げられ、約束された聖霊を御父から受けて注いでくださいました。あなたがたは今このことを見聞きしているのです。 使徒言行録2:32‐33

3回の閲覧

最新記事

すべて表示

「終わりに備える生活(2)」(信仰生活入門30)

葬儀は誰のために行われるのでしょうか。 まず考えられるのは、葬儀は亡くなった方のため、またその御遺族のために行 うということでしょう。葬り方によって亡くなった人の運命が左右されるわけで はありません。死の向こうは神の領域ですから。亡くなった方を手厚く葬ること は純粋にその方に対する愛の表現です。また、葬儀は遺族のための慰めでもあり ます。慰めは人々の愛によっても与えられますが、最終的には福音の言葉

「終わりに備える生活(1)」(信仰生活入門29)

人生の終わりである「死」に向けてきちんと備えをすることができるためには、 自らの「死」と平安をもって向き合うことのできる確かな根拠が必要です。その ためには単なる「死は終わりではない」という言葉や、一般的な「霊魂不滅の思 想」は本質的に助けになりません。「死」と向き合うことは、自らの人生と向き 合うことでもあるからです。人生における罪責を負ったまま、死んでもなお永遠 に罪人として《不滅》であるとす

「悪魔に打ち勝つ生活(4)」(信仰生活入門28)

「神の武具」について、前回の続きです。 4「信仰の盾」 この「盾」とは体がすっぽりと入る大盾を意味します。「悪 い者(すなわち悪魔)」は様々な形で「火の矢」を放ってくることでしょう。時 にそれは「誘惑」であり、時には「艱難」であるかも知れません。私たちは悪魔 に対して「火の矢を放つな」とは言えません。火の矢が飛んでくる現実は避けら れません。しかし、その火の矢で火だるまになる必要もありません。火の