• 頌栄教会

「悪魔に打ち勝つ生活(1)」(信仰生活入門25)

 今回のテーマは「試練」と「誘惑」に関するものです。「試練」と「誘惑」の 問題について語るときに、どうしても避けて通ることができないのは「悪魔」に ついて語ることです。

 さて、この「悪魔」についての二つの誤った態度があります。一つは過度に不 健全な関心を向けることです。今日、「悪魔」という検索ワードで検索するなら ば、約九千万件のヒットがあります。それだけ様々な関心から「悪魔」について 語られているということです。しかし、キリスト者があらゆる現象を悪魔と悪霊 の働きと結びつけて考えるならば、それは極めて不健全な信仰生活になることで しょう。聖書は悪魔よりもはるかに多くの言葉をもって神について語っているこ とを忘れてはなりません。  しかし、もう一方において「悪魔」や「悪霊」を単なる前近代的な迷信として 片付けてしまうならば、聖書が語る大きな部分を見落としてしまうことになるで しょう。イエス様が「悪魔」について語り、使徒たちが語り、教会が今日に至る まで長い歴史において「悪魔」について語り続けてきたのは、そのような言葉で しか表現し得ない現実があるからなのです。この世界には確かに人間を支配し、 神から引き離し、滅ぼそうとしている力が現に働いているのです。それゆえに私 たちは両極端に陥ることなく健全な仕方で悪魔との戦いについて考える必要があるのです。(清弘剛生)


信仰にしっかり踏みとどまって、悪魔に抵抗しなさい。あなたがたと信仰を同じくする兄弟たちも、この世で同じ苦しみに遭っているのです。それはあなたがたも知っているとおりです。1ペトロ5:9


祈りの課題

1. 新学期が始まった子どもたちのために。

2. いよいよ強い政治的圧迫を受けつつある中国の諸教会のために。(多 くの教会において十字架の撤去等が強要されています。)

13回の閲覧

最新記事

すべて表示

「終わりに備える生活(2)」(信仰生活入門30)

葬儀は誰のために行われるのでしょうか。 まず考えられるのは、葬儀は亡くなった方のため、またその御遺族のために行 うということでしょう。葬り方によって亡くなった人の運命が左右されるわけで はありません。死の向こうは神の領域ですから。亡くなった方を手厚く葬ること は純粋にその方に対する愛の表現です。また、葬儀は遺族のための慰めでもあり ます。慰めは人々の愛によっても与えられますが、最終的には福音の言葉

「終わりに備える生活(1)」(信仰生活入門29)

人生の終わりである「死」に向けてきちんと備えをすることができるためには、 自らの「死」と平安をもって向き合うことのできる確かな根拠が必要です。その ためには単なる「死は終わりではない」という言葉や、一般的な「霊魂不滅の思 想」は本質的に助けになりません。「死」と向き合うことは、自らの人生と向き 合うことでもあるからです。人生における罪責を負ったまま、死んでもなお永遠 に罪人として《不滅》であるとす

「悪魔に打ち勝つ生活(4)」(信仰生活入門28)

「神の武具」について、前回の続きです。 4「信仰の盾」 この「盾」とは体がすっぽりと入る大盾を意味します。「悪 い者(すなわち悪魔)」は様々な形で「火の矢」を放ってくることでしょう。時 にそれは「誘惑」であり、時には「艱難」であるかも知れません。私たちは悪魔 に対して「火の矢を放つな」とは言えません。火の矢が飛んでくる現実は避けら れません。しかし、その火の矢で火だるまになる必要もありません。火の