• 頌栄教会

「悪魔に打ち勝つ生活(2)」(信仰生活入門26)

3世紀初頭に書かれた「ヒッポリトスの使徒伝承」という文書によると、古代 の洗礼式においては、志願者が司祭の右に立ってこう宣言することになっていた ようです。「サタン、わたしはおまえと、おまえの一切の虚栄と、おまえの一切 のわざを捨てる」。つまり洗礼は新しい命に生きることを意味するのですが、それはまたサタンに反旗をひるがえして戦う者として生きることをも意味したの です。それゆえに、洗礼式は「入隊式」とも見なされたのでした。洗礼や聖餐を 指す「サクラメント」という言葉は、もともとラテン語でローマの軍隊への入隊式を意味する言葉だったのです。

 このように信仰生活を《悪魔との戦い》として見ることは大事なことです。そ れは、いかなる意味においても《人間との戦い》にしてはならないことを意味す るからです。「悪魔の策略に対抗して立つために」(エフェソ6:11)と語られ ているとおり、悪魔は策略を用います。それは使徒たちの実感だったのでしょう。 いつの間にか《人間との戦い》になっていることが確かにあるのです。その時、 相手に勝ったつもりでいても、高笑いしているのは悪魔なのです。さらに言うな らば、《人間との戦い》にしてはならないということは、《自分との戦い》にして もならないということでもあります。自分をどんなに苦しめても痛めつけても、 それで何か善きことが進むことはありません。戦いにおいて最も基本的かつ重要なことは敵を間違えないということなのです。(清弘剛生)

悪魔の策略に対抗して立つことができるように、神の武具を身に付けなさい。わたしたちの戦いは、血肉を相手にするものではなく、支配と権威、暗闇の世界の支配者、天にいる悪の諸霊を相手にするものなのです。エフェソ6:11-12


祈りの課題

1. 笠井政子先生を主の栄光のために豊かに用いられた主への感謝。また ご遺族の上に主の慰めが豊かにあるように。

2. 台風9号、10号によって被害に遭われた方々のために。今も避難生 活を送っている方々のために。

20回の閲覧

最新記事

すべて表示

「終わりに備える生活(2)」(信仰生活入門30)

葬儀は誰のために行われるのでしょうか。 まず考えられるのは、葬儀は亡くなった方のため、またその御遺族のために行 うということでしょう。葬り方によって亡くなった人の運命が左右されるわけで はありません。死の向こうは神の領域ですから。亡くなった方を手厚く葬ること は純粋にその方に対する愛の表現です。また、葬儀は遺族のための慰めでもあり ます。慰めは人々の愛によっても与えられますが、最終的には福音の言葉

「終わりに備える生活(1)」(信仰生活入門29)

人生の終わりである「死」に向けてきちんと備えをすることができるためには、 自らの「死」と平安をもって向き合うことのできる確かな根拠が必要です。その ためには単なる「死は終わりではない」という言葉や、一般的な「霊魂不滅の思 想」は本質的に助けになりません。「死」と向き合うことは、自らの人生と向き 合うことでもあるからです。人生における罪責を負ったまま、死んでもなお永遠 に罪人として《不滅》であるとす

「悪魔に打ち勝つ生活(4)」(信仰生活入門28)

「神の武具」について、前回の続きです。 4「信仰の盾」 この「盾」とは体がすっぽりと入る大盾を意味します。「悪 い者(すなわち悪魔)」は様々な形で「火の矢」を放ってくることでしょう。時 にそれは「誘惑」であり、時には「艱難」であるかも知れません。私たちは悪魔 に対して「火の矢を放つな」とは言えません。火の矢が飛んでくる現実は避けら れません。しかし、その火の矢で火だるまになる必要もありません。火の