• 頌栄教会

「神と人とに仕える生活(1)」(信仰生活入門17)

信仰生活は神と人とに仕える生活です。ゆえに教会では「奉仕」あるいは「奉仕者」という言葉を良く耳にします。私たちが神に仕え、教会に仕え、社会に仕え、隣人に仕える仕方は実に多様です。しかし、その全ては共通の土台の上になくてはなりません。それは「神への献身」です。

日本学生支援機構による「学生のボランティア活動に関する調査」によりますと、ボランティア活動の参加動機は大きく四つの類型に分かれるそうです。①社会への貢献タイプ:困っている人の手助けがしたいから、地域社会をよりよくしたいから 等。②自分の発見タイプ:新しい人と出会いたいから、自分の経験や技術などを生かしたいから、等。③キャリアづくりタイプ:単位取得や資格取得のために必要だから、進学・就職・昇進に有利だから、等。④癒しセラピータイプ:不安な気持ちや傷ついた心を癒したいから、等。

上記の諸々の動機は私たちが「奉仕」と呼んでいるところにもある部分当てはまっているものなのでしょう。しかし、その根底にたとえどれほど不完全であっても「神への献身」という意識がなければ、少なくともキリスト者の奉仕とは言えません。献身ならぬ他の動機が支配的であるならば、その奉仕は欲求が満たされるか否かに左右されることになります。また、その動機となった欲求が満たされなくなる時にその人は奉仕者であり続けることができなくなってしまうのです。                            (清弘剛生)

また、あなたがたの五体を不義のための道具として罪に任せてはなりません。かえって、自分自身を死者の中から生き返った者として神に献げ、また、五体を義のための道具として神に献げなさい。 ローマ6:13

9回の閲覧

最新記事

すべて表示

「悪魔に打ち勝つ生活(2)」(信仰生活入門26)

3世紀初頭に書かれた「ヒッポリトスの使徒伝承」という文書によると、古代 の洗礼式においては、志願者が司祭の右に立ってこう宣言することになっていた ようです。「サタン、わたしはおまえと、おまえの一切の虚栄と、おまえの一切 のわざを捨てる」。つまり洗礼は新しい命に生きることを意味するのですが、それはまたサタンに反旗をひるがえして戦う者として生きることをも意味したの です。それゆえに、洗礼式は「入隊式」

「悪魔に打ち勝つ生活(1)」(信仰生活入門25)

今回のテーマは「試練」と「誘惑」に関するものです。「試練」と「誘惑」の 問題について語るときに、どうしても避けて通ることができないのは「悪魔」に ついて語ることです。 さて、この「悪魔」についての二つの誤った態度があります。一つは過度に不 健全な関心を向けることです。今日、「悪魔」という検索ワードで検索するなら ば、約九千万件のヒットがあります。それだけ様々な関心から「悪魔」について 語られている

「神に献げる生活(4)」(信仰生活入門24)

私たちは自分で自分自身を造ったのでも、自分で自分自身を生かしているので もありません。また、自分で自分を救ったのでも、自分で永遠の命を獲得したの でもありません。すべては恵みによって与えられているのです。私たちは自分が 造ったのではない世界に取り囲まれ、自分が造ったのではないものによって支え られ、それらを通して生かされてきたのです。また自分の力によってではなく、 ただキリストが全てを捧げてくださ