• 頌栄教会

「神と人とに仕える生活(1)」(信仰生活入門17)

信仰生活は神と人とに仕える生活です。ゆえに教会では「奉仕」あるいは「奉仕者」という言葉を良く耳にします。私たちが神に仕え、教会に仕え、社会に仕え、隣人に仕える仕方は実に多様です。しかし、その全ては共通の土台の上になくてはなりません。それは「神への献身」です。

日本学生支援機構による「学生のボランティア活動に関する調査」によりますと、ボランティア活動の参加動機は大きく四つの類型に分かれるそうです。①社会への貢献タイプ:困っている人の手助けがしたいから、地域社会をよりよくしたいから 等。②自分の発見タイプ:新しい人と出会いたいから、自分の経験や技術などを生かしたいから、等。③キャリアづくりタイプ:単位取得や資格取得のために必要だから、進学・就職・昇進に有利だから、等。④癒しセラピータイプ:不安な気持ちや傷ついた心を癒したいから、等。

上記の諸々の動機は私たちが「奉仕」と呼んでいるところにもある部分当てはまっているものなのでしょう。しかし、その根底にたとえどれほど不完全であっても「神への献身」という意識がなければ、少なくともキリスト者の奉仕とは言えません。献身ならぬ他の動機が支配的であるならば、その奉仕は欲求が満たされるか否かに左右されることになります。また、その動機となった欲求が満たされなくなる時にその人は奉仕者であり続けることができなくなってしまうのです。                            (清弘剛生)

また、あなたがたの五体を不義のための道具として罪に任せてはなりません。かえって、自分自身を死者の中から生き返った者として神に献げ、また、五体を義のための道具として神に献げなさい。 ローマ6:13

25回の閲覧

最新記事

すべて表示

「終わりに備える生活(2)」(信仰生活入門30)

葬儀は誰のために行われるのでしょうか。 まず考えられるのは、葬儀は亡くなった方のため、またその御遺族のために行 うということでしょう。葬り方によって亡くなった人の運命が左右されるわけで はありません。死の向こうは神の領域ですから。亡くなった方を手厚く葬ること は純粋にその方に対する愛の表現です。また、葬儀は遺族のための慰めでもあり ます。慰めは人々の愛によっても与えられますが、最終的には福音の言葉

「終わりに備える生活(1)」(信仰生活入門29)

人生の終わりである「死」に向けてきちんと備えをすることができるためには、 自らの「死」と平安をもって向き合うことのできる確かな根拠が必要です。その ためには単なる「死は終わりではない」という言葉や、一般的な「霊魂不滅の思 想」は本質的に助けになりません。「死」と向き合うことは、自らの人生と向き 合うことでもあるからです。人生における罪責を負ったまま、死んでもなお永遠 に罪人として《不滅》であるとす

「悪魔に打ち勝つ生活(4)」(信仰生活入門28)

「神の武具」について、前回の続きです。 4「信仰の盾」 この「盾」とは体がすっぽりと入る大盾を意味します。「悪 い者(すなわち悪魔)」は様々な形で「火の矢」を放ってくることでしょう。時 にそれは「誘惑」であり、時には「艱難」であるかも知れません。私たちは悪魔 に対して「火の矢を放つな」とは言えません。火の矢が飛んでくる現実は避けら れません。しかし、その火の矢で火だるまになる必要もありません。火の