• 頌栄教会

「神と人とに仕える生活(3)」(信仰生活入門19)

 教会はキリストの体です。私たちはいかなる場面においても単独で存在するのではなく、キリストの体の一部分として存在しているのです。

キリストの体の一部であるということは、まず「キリストにとってかけがえのない部分であること」を意味します。それゆえに人との比較において自分を計ってはなりません。「耳が、『わたしは目ではないから、体の一部ではない』と言ったところで、体の一部でなくなるでしょうか」(1コリント12:16)。自分を卑下しないこと。他の人との比較ではなくて、キリストとの関係において託されていることを最善に行うことです。

また、キリストの体の一部であるということは「他の部分をも重んじるべきこと」を意味します。他者の奉仕を尊重することです。他の部分をいらないと言ってはいけません。他の部分を重んじない独りよがりの働きは体を傷つけることになります。「目が手に向かって『お前は要らない』とは言えず、また、頭が足に向かって『お前たちは要らない』とも言えません」(1コリント12:21)。

 そして、私たちがキリストの体の一部であるということは「キリストの御意志を実現するために存在していること」を意味します。奉仕の場は自己実現の場ではありません。承認欲求は奉仕の妨げとなります。キリスト者の奉仕は、自分の欲求を満たし願望を実現するための手段ではありません。キリスト者の奉仕には、主の御心を尋ね求める祈り、そして、主の御心の実現を求める祈りが伴っていることが必要です。                    (清弘剛生)

あなたがたはキリストの体であり、また、一人一人はその部分です。 1コリント12:27

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

「悪魔に打ち勝つ生活(2)」(信仰生活入門26)

3世紀初頭に書かれた「ヒッポリトスの使徒伝承」という文書によると、古代 の洗礼式においては、志願者が司祭の右に立ってこう宣言することになっていた ようです。「サタン、わたしはおまえと、おまえの一切の虚栄と、おまえの一切 のわざを捨てる」。つまり洗礼は新しい命に生きることを意味するのですが、それはまたサタンに反旗をひるがえして戦う者として生きることをも意味したの です。それゆえに、洗礼式は「入隊式」

「悪魔に打ち勝つ生活(1)」(信仰生活入門25)

今回のテーマは「試練」と「誘惑」に関するものです。「試練」と「誘惑」の 問題について語るときに、どうしても避けて通ることができないのは「悪魔」に ついて語ることです。 さて、この「悪魔」についての二つの誤った態度があります。一つは過度に不 健全な関心を向けることです。今日、「悪魔」という検索ワードで検索するなら ば、約九千万件のヒットがあります。それだけ様々な関心から「悪魔」について 語られている

「神に献げる生活(4)」(信仰生活入門24)

私たちは自分で自分自身を造ったのでも、自分で自分自身を生かしているので もありません。また、自分で自分を救ったのでも、自分で永遠の命を獲得したの でもありません。すべては恵みによって与えられているのです。私たちは自分が 造ったのではない世界に取り囲まれ、自分が造ったのではないものによって支え られ、それらを通して生かされてきたのです。また自分の力によってではなく、 ただキリストが全てを捧げてくださ