• 頌栄教会

「神と人とに仕える生活(3)」(信仰生活入門19)

 教会はキリストの体です。私たちはいかなる場面においても単独で存在するのではなく、キリストの体の一部分として存在しているのです。

キリストの体の一部であるということは、まず「キリストにとってかけがえのない部分であること」を意味します。それゆえに人との比較において自分を計ってはなりません。「耳が、『わたしは目ではないから、体の一部ではない』と言ったところで、体の一部でなくなるでしょうか」(1コリント12:16)。自分を卑下しないこと。他の人との比較ではなくて、キリストとの関係において託されていることを最善に行うことです。

また、キリストの体の一部であるということは「他の部分をも重んじるべきこと」を意味します。他者の奉仕を尊重することです。他の部分をいらないと言ってはいけません。他の部分を重んじない独りよがりの働きは体を傷つけることになります。「目が手に向かって『お前は要らない』とは言えず、また、頭が足に向かって『お前たちは要らない』とも言えません」(1コリント12:21)。

 そして、私たちがキリストの体の一部であるということは「キリストの御意志を実現するために存在していること」を意味します。奉仕の場は自己実現の場ではありません。承認欲求は奉仕の妨げとなります。キリスト者の奉仕は、自分の欲求を満たし願望を実現するための手段ではありません。キリスト者の奉仕には、主の御心を尋ね求める祈り、そして、主の御心の実現を求める祈りが伴っていることが必要です。                    (清弘剛生)

あなたがたはキリストの体であり、また、一人一人はその部分です。 1コリント12:27

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

「終わりに備える生活(2)」(信仰生活入門30)

葬儀は誰のために行われるのでしょうか。 まず考えられるのは、葬儀は亡くなった方のため、またその御遺族のために行 うということでしょう。葬り方によって亡くなった人の運命が左右されるわけで はありません。死の向こうは神の領域ですから。亡くなった方を手厚く葬ること は純粋にその方に対する愛の表現です。また、葬儀は遺族のための慰めでもあり ます。慰めは人々の愛によっても与えられますが、最終的には福音の言葉

「終わりに備える生活(1)」(信仰生活入門29)

人生の終わりである「死」に向けてきちんと備えをすることができるためには、 自らの「死」と平安をもって向き合うことのできる確かな根拠が必要です。その ためには単なる「死は終わりではない」という言葉や、一般的な「霊魂不滅の思 想」は本質的に助けになりません。「死」と向き合うことは、自らの人生と向き 合うことでもあるからです。人生における罪責を負ったまま、死んでもなお永遠 に罪人として《不滅》であるとす

「悪魔に打ち勝つ生活(4)」(信仰生活入門28)

「神の武具」について、前回の続きです。 4「信仰の盾」 この「盾」とは体がすっぽりと入る大盾を意味します。「悪 い者(すなわち悪魔)」は様々な形で「火の矢」を放ってくることでしょう。時 にそれは「誘惑」であり、時には「艱難」であるかも知れません。私たちは悪魔 に対して「火の矢を放つな」とは言えません。火の矢が飛んでくる現実は避けら れません。しかし、その火の矢で火だるまになる必要もありません。火の