• 頌栄教会

「神と語り合う生活(1)」(信仰生活入門9)

 今回は「祈り」の話です。イエス・キリストは、私たちに「天におられるわたしたちの父よ」という呼びかけから始まる祈りの言葉を与えてくださいました(マタイ6:9)。私たちはそのように神に呼びかけ、語りかけます。しかし、祈りの生活を、あえて「神と語り合う生活」としたのは、祈りとは神との交わりであるからです。交わりは一方通行では成り立ちません。神に語ることは神に聴くことと切り離すことはできません。既に書いてきましたように、御言葉に耳を傾ける場面は、大きく二つに分かれます。その一つは主の日の礼拝や教会の公の集会です。もう一つは各自が自宅において聖書を開く時間です。私たちが祈りの生活を身に着けようと思うならば、まず御言葉を聴くことを大切にしなくてはなりません。主日礼拝を重んじ、日々聖書を開くことです。

 この世の人間関係を考えてみてください。私たちがまだ良く知らない人に対しては語りかける言葉も限られていますし、安心して言葉を加えることもできません。相手の話を聴くにつれ、こちらもまた語る言葉が増えてくるものでしょう。神との関係も同じです。私たちが信じる神様がどのような御方であり、また、私たちに何を望んでおられるかを知るに従って、その御方に対してふさわしく語ることができるようにもなり、また安心して確信をもって語ることもできるようにもなるのです。また逆に、「祈れない」と感じる時には、自分がまず御言葉に耳を傾けているかどうかを省みる必要があるのです。       (清弘剛生)

わたしたちが見、また聞いたことを、あなたがたにも伝えるのは、あなたがたもわたしたちとの交わりを持つようになるためです。わたしたちの交わりは、御父と御子イエス・キリストとの交わりです。 1ヨハネ1:3

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

「終わりに備える生活(2)」(信仰生活入門30)

葬儀は誰のために行われるのでしょうか。 まず考えられるのは、葬儀は亡くなった方のため、またその御遺族のために行 うということでしょう。葬り方によって亡くなった人の運命が左右されるわけで はありません。死の向こうは神の領域ですから。亡くなった方を手厚く葬ること は純粋にその方に対する愛の表現です。また、葬儀は遺族のための慰めでもあり ます。慰めは人々の愛によっても与えられますが、最終的には福音の言葉

「終わりに備える生活(1)」(信仰生活入門29)

人生の終わりである「死」に向けてきちんと備えをすることができるためには、 自らの「死」と平安をもって向き合うことのできる確かな根拠が必要です。その ためには単なる「死は終わりではない」という言葉や、一般的な「霊魂不滅の思 想」は本質的に助けになりません。「死」と向き合うことは、自らの人生と向き 合うことでもあるからです。人生における罪責を負ったまま、死んでもなお永遠 に罪人として《不滅》であるとす

「悪魔に打ち勝つ生活(4)」(信仰生活入門28)

「神の武具」について、前回の続きです。 4「信仰の盾」 この「盾」とは体がすっぽりと入る大盾を意味します。「悪 い者(すなわち悪魔)」は様々な形で「火の矢」を放ってくることでしょう。時 にそれは「誘惑」であり、時には「艱難」であるかも知れません。私たちは悪魔 に対して「火の矢を放つな」とは言えません。火の矢が飛んでくる現実は避けら れません。しかし、その火の矢で火だるまになる必要もありません。火の