• 頌栄教会

「神と語り合う生活(2)」(信仰生活入門10)

 祈りにおいて成長するためには祈りの習慣を身に着けることが必要です。何事においてもそうですが、ある習慣を身に着けるまでには、幾度となく同じことを繰り返す必要があります。しかも、その繰り返しには喜びが伴っていうことが必要なのでしょう。喜びの伴わないことは続きませんから。

 祈りに伴う固有の喜びとは神と共にある喜びであり、神との交わりの喜びです。その喜びを味わうためには、まず神を賛美すること、神に感謝することから始めるのは良い順序であると言えるでしょう。祈願から始めますと、自分の願いが叶えられたか否かにばかり意識が向いてしまうものです。すぐに願いが叶わないと祈りそのものが無意味であるかのように感じてしまうかもしれません。しかし、実際にはその時にも神との交わりという大きな恵みが与えられているのです。ですから、まず祈願からではなく、賛美から始めるのがよいのです。

 ただ神にのみ意識を向け、神がどのような御方であるか、既に与えられている神の恵みが何であるかを思いつつ、神を讃えます。そのように賛美をすることを学ぶ上で必要なのは、前回書きましたように「御言葉を聴くこと」です。そこにおいてこそ神を知り、神の恵みを知るからです。その上でさらに「詩編」からも多くを学ぶことができるでしょう。あるいは讃美歌、テゼ共同体の歌、現代的なワーシップソングなども助けになるでしょう。神を誉めたたえながら、神と共にあることが既に救いであることをまず味わうことです。その上で私たちの願いを申し述べ、心を神に打ち明けるのです。(フィリピ4:6)   (清弘剛生)

わたしは御顔を仰いで満ち足り、喜び祝い 右の御手から永遠の喜びをいただきます。詩編16:11

3回の閲覧

最新記事

すべて表示

「終わりに備える生活(2)」(信仰生活入門30)

葬儀は誰のために行われるのでしょうか。 まず考えられるのは、葬儀は亡くなった方のため、またその御遺族のために行 うということでしょう。葬り方によって亡くなった人の運命が左右されるわけで はありません。死の向こうは神の領域ですから。亡くなった方を手厚く葬ること は純粋にその方に対する愛の表現です。また、葬儀は遺族のための慰めでもあり ます。慰めは人々の愛によっても与えられますが、最終的には福音の言葉

「終わりに備える生活(1)」(信仰生活入門29)

人生の終わりである「死」に向けてきちんと備えをすることができるためには、 自らの「死」と平安をもって向き合うことのできる確かな根拠が必要です。その ためには単なる「死は終わりではない」という言葉や、一般的な「霊魂不滅の思 想」は本質的に助けになりません。「死」と向き合うことは、自らの人生と向き 合うことでもあるからです。人生における罪責を負ったまま、死んでもなお永遠 に罪人として《不滅》であるとす

「悪魔に打ち勝つ生活(4)」(信仰生活入門28)

「神の武具」について、前回の続きです。 4「信仰の盾」 この「盾」とは体がすっぽりと入る大盾を意味します。「悪 い者(すなわち悪魔)」は様々な形で「火の矢」を放ってくることでしょう。時 にそれは「誘惑」であり、時には「艱難」であるかも知れません。私たちは悪魔 に対して「火の矢を放つな」とは言えません。火の矢が飛んでくる現実は避けら れません。しかし、その火の矢で火だるまになる必要もありません。火の