• 頌栄教会

「神と語り合う生活(3)」(信仰生活入門11)

 イエス様は私たちに「天にまします《わたしの父よ》」と祈るようには教えられませんでした。そうではなくて、「天にまします《われらの父よ》」と祈るように教えてくださったのです。たとえ家においてひとりで祈る時であっても、私たちは神を「われらの父よ」と呼ぶ神の家族に属する者として祈るのです。祈りの生活を身に着けるということは「わたしの父よ」と祈る生活を身に着けるだけでなく、それ以上に「われらの父よ」と祈る生活を身に着けることでもあるのです。そのような祈りは実際に他者と共に祈ることによってはじめて育まれていくものです。

 そこで覚えていただきたいのは、日曜日の礼拝の他に毎週水曜日に行われている「祈り会」です。午前11時と午後7時15分の2回行われております。お仕事の関係や健康上の理由など、さまざまな制約によって実際にその時間に集まることができない人は別として、参加が可能であるのに参加していないとするならば、信仰の生涯における大きな損失であると言えるでしょう。祈り会を通して主が与えようとしている恵みは決して小さくないからです。また、一生の間に私たちが元気に教会に集まれる限られた期間を考えると、水曜日の回数は決して多くはないからです。

 その他にも教会では、各年代別の集会や聖書の黙想と分かち合いの集会も行われています。それもまた共に祈る大切な機会です。毎月発行されている予定表で日時をご確認の上、ぜひご参加ください。           (清弘剛生)

だから、こう祈りなさい。『天におられるわたしたちの父よ、 御名が崇められますように。』 マタイ6:9

5回の閲覧

最新記事

すべて表示

「終わりに備える生活(2)」(信仰生活入門30)

葬儀は誰のために行われるのでしょうか。 まず考えられるのは、葬儀は亡くなった方のため、またその御遺族のために行 うということでしょう。葬り方によって亡くなった人の運命が左右されるわけで はありません。死の向こうは神の領域ですから。亡くなった方を手厚く葬ること は純粋にその方に対する愛の表現です。また、葬儀は遺族のための慰めでもあり ます。慰めは人々の愛によっても与えられますが、最終的には福音の言葉

「終わりに備える生活(1)」(信仰生活入門29)

人生の終わりである「死」に向けてきちんと備えをすることができるためには、 自らの「死」と平安をもって向き合うことのできる確かな根拠が必要です。その ためには単なる「死は終わりではない」という言葉や、一般的な「霊魂不滅の思 想」は本質的に助けになりません。「死」と向き合うことは、自らの人生と向き 合うことでもあるからです。人生における罪責を負ったまま、死んでもなお永遠 に罪人として《不滅》であるとす

「悪魔に打ち勝つ生活(4)」(信仰生活入門28)

「神の武具」について、前回の続きです。 4「信仰の盾」 この「盾」とは体がすっぽりと入る大盾を意味します。「悪 い者(すなわち悪魔)」は様々な形で「火の矢」を放ってくることでしょう。時 にそれは「誘惑」であり、時には「艱難」であるかも知れません。私たちは悪魔 に対して「火の矢を放つな」とは言えません。火の矢が飛んでくる現実は避けら れません。しかし、その火の矢で火だるまになる必要もありません。火の