• 頌栄教会

「神と語り合う生活(4)」(信仰生活入門12)

 前回は「共に祈ること」について書きましたが、今週は「他者のために祈ること」について書かせていただきます。そのこともまたイエス様が教えてくださったように、「われらの父よ」と呼びかけて祈ることに含まれているからです。

 私たちは、「われらの父よ」と呼びかけて「われらの日用の糧を今日も与えたまえ」と祈るように教えられています。「わたしの糧」ではありません。「われらの糧」です。わたしの口に入る食物だけでなく、他の人の口に入る食物のこともお願いすべきだということです。「糧」だけではありません。「われらの罪をも赦したまえ」と祈るのでしょう。「われらを試みに遭わせず…」と祈るのでしょう。イエス様によるならば、他の人の具体的な必要や悩み、罪の問題に至るまで、それは単に「その人の問題」ではないのです。それはまた私たち自身が祈るべき課題でもあるのです。

 入門クラスでは「両手の十本の指を見ながら、まず十人のために祈りましょう」と学びます。しかし、実際に行ってみると十本の指ではすぐに足りなくなってしまうことでしょう。そこで「祈りのノート」を作ることを勧めします。名前と祈りの課題を書いておくのです。あるいはノートを作らずとも、かつて教会員名簿が配布されていた時代には、名簿を見ながら教会員全員のためにお祈りしている人がどこの教会にも少なからずいたものです。どのような仕方であれ具体的に他者のために真剣に祈り始め、祈り続けるならば、私たちが生きるこの世界において、一つまた一つと祈りの答えを見ることになるでしょう。神様は確かに祈りを聞いていてくださっているからです。             (清弘剛生)

わたしたちに必要な糧を今日与えてください。 マタイ6:11

3回の閲覧

最新記事

すべて表示

「終わりに備える生活(2)」(信仰生活入門30)

葬儀は誰のために行われるのでしょうか。 まず考えられるのは、葬儀は亡くなった方のため、またその御遺族のために行 うということでしょう。葬り方によって亡くなった人の運命が左右されるわけで はありません。死の向こうは神の領域ですから。亡くなった方を手厚く葬ること は純粋にその方に対する愛の表現です。また、葬儀は遺族のための慰めでもあり ます。慰めは人々の愛によっても与えられますが、最終的には福音の言葉

「終わりに備える生活(1)」(信仰生活入門29)

人生の終わりである「死」に向けてきちんと備えをすることができるためには、 自らの「死」と平安をもって向き合うことのできる確かな根拠が必要です。その ためには単なる「死は終わりではない」という言葉や、一般的な「霊魂不滅の思 想」は本質的に助けになりません。「死」と向き合うことは、自らの人生と向き 合うことでもあるからです。人生における罪責を負ったまま、死んでもなお永遠 に罪人として《不滅》であるとす

「悪魔に打ち勝つ生活(4)」(信仰生活入門28)

「神の武具」について、前回の続きです。 4「信仰の盾」 この「盾」とは体がすっぽりと入る大盾を意味します。「悪 い者(すなわち悪魔)」は様々な形で「火の矢」を放ってくることでしょう。時 にそれは「誘惑」であり、時には「艱難」であるかも知れません。私たちは悪魔 に対して「火の矢を放つな」とは言えません。火の矢が飛んでくる現実は避けら れません。しかし、その火の矢で火だるまになる必要もありません。火の