• 頌栄教会

「神に献げる生活(2)」(信仰生活入門22)

 教会員になりますと「月定献金袋」を受け取ります。月ごとに献げる献金の袋です。これはあくまでも「献金」です。会員であり続けるために納める「会費」 ではありません。メンバーから集めて会の運営に当てメンバーの利益に還元する という「サークル費」の類でもありません。献金は神への献げものです。  先週のコラムに書きましたように献金とはあくまでも「しるし」です。神が求 めておられるのは金銭ではなく、私たち自身です。それゆえに、パウロも「自分 の体を神に喜ばれる聖なる生けるいけにえとして献げなさい」と書いているので す。私たちは「礼拝」として、自分の体を神に献げるのです。そして、「自分の 体を献げること(献身)」は抽象的なことではないと申しました。私たちの具体的な生活を献げることです。そのために私たちは神の御前で自分の生活を繰り返し見つめ直す必要があるのでしょう。「金銭」だけではありません。私は「時間」 をどう用いているだろうか、「能力」をどう用いているだろうか、等々。主から 託されているものをどのように用い、どのように管理しているかを考えることなくしては、「献心」にはなっても「献身」にはなりません。

 そのように月定献金については、主の御前において「この生活はあなたのもの です」という意識をもってお献げすることが重要なのです。その意味において「月 定献金」は献金が「献身のしるし」であることを特に明瞭に表現する献げものの形であると言えるでしょう。(清弘剛生)


こういうわけで、兄弟たち、神の憐れみによってあなたがたに勧めます。自分の体を神に喜ばれる聖なる生けるいけにえとして献げなさい。これこそ、あなたがたのなすべき礼拝です。ローマ12:1


祈りの課題

1.礼拝堂に皆が集まることのできない日々が続く中において、一人ひと りの信仰生活が支えられるように。

2. コロナ禍において仕事を失った人、住まいを失った人たちのために。 またそれらの方々を支援する働きのために。

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

「終わりに備える生活(2)」(信仰生活入門30)

葬儀は誰のために行われるのでしょうか。 まず考えられるのは、葬儀は亡くなった方のため、またその御遺族のために行 うということでしょう。葬り方によって亡くなった人の運命が左右されるわけで はありません。死の向こうは神の領域ですから。亡くなった方を手厚く葬ること は純粋にその方に対する愛の表現です。また、葬儀は遺族のための慰めでもあり ます。慰めは人々の愛によっても与えられますが、最終的には福音の言葉

「終わりに備える生活(1)」(信仰生活入門29)

人生の終わりである「死」に向けてきちんと備えをすることができるためには、 自らの「死」と平安をもって向き合うことのできる確かな根拠が必要です。その ためには単なる「死は終わりではない」という言葉や、一般的な「霊魂不滅の思 想」は本質的に助けになりません。「死」と向き合うことは、自らの人生と向き 合うことでもあるからです。人生における罪責を負ったまま、死んでもなお永遠 に罪人として《不滅》であるとす

「悪魔に打ち勝つ生活(4)」(信仰生活入門28)

「神の武具」について、前回の続きです。 4「信仰の盾」 この「盾」とは体がすっぽりと入る大盾を意味します。「悪 い者(すなわち悪魔)」は様々な形で「火の矢」を放ってくることでしょう。時 にそれは「誘惑」であり、時には「艱難」であるかも知れません。私たちは悪魔 に対して「火の矢を放つな」とは言えません。火の矢が飛んでくる現実は避けら れません。しかし、その火の矢で火だるまになる必要もありません。火の