• 頌栄教会

「神に献げる生活(3)」(信仰生活入門23)

最終更新: 2020年9月13日

 多くの時間を自分のために用いて、そして「時間が余ったら礼拝しましょう」 という姿勢で礼拝に臨んだとしたら、それは本当の意味で「礼拝」となり得るで しょうか。答えは明らかにノーでしょう。そのように時間についてならはっきり 分かることですが、同じことは献げものについて考える上でも重要です。  このシリーズの前回のコラムにおいて月定献金の意味について説明しました が、具体的にどのくらい献げたらよいのかと質問を受けることがあります。英語 では Tithe と表現されます。それは「十分の一」という意味です。日本でも「月 定献金」ではなくて「什一献金」と呼ぶ教会も少なくありません。確かに収入の 十分の一は旧約聖書に由来する基準です(レビ27:30,マラキ3:10など)。 しかし、そこで「税込みか、税抜きか」とか「主婦はどう計算するか」というよ うな議論が始まったり、さらには教会に定まった額を《納めている》という意識 が生じたりするならば、献身の「しるし」としての本来の意味を失ってしまうこ とになるでしょう。(Tithe がしばしば「十分の一税」と訳されるように!)いか なる額を献げるにせよ、大事なのはその精神です。「残りもの」や「余りもの」 を献げるようなことになっていないか――。それをこそ自らに問う必要があるの です。大切なことは、献げものを最初に取り分け、神様の御前において聖別し、 感謝と献身の思いをもって献げることです。それ以上でもそれ以下でもありませ ん。 (清弘剛生)


こういうわけで、兄弟たち、神の憐れみによってあなたがたに勧めます。自分の体を神に喜ばれる聖なるいけにえとし献げなさい。これこそ、あなたがたのなすべき礼拝です。ローマ12:1


祈りの課題

1.猛暑が続く中、病弱の方、ご高齢の方が守られるように。また、特に 礼拝に集まられる方々が健康を害されることのないように。

2. この国がまことの悔い改めへと導かれ、平和を造り出す国として世界 においてその役割を担っていくことができるように。

4回の閲覧

最新記事

すべて表示

「終わりに備える生活(2)」(信仰生活入門30)

葬儀は誰のために行われるのでしょうか。 まず考えられるのは、葬儀は亡くなった方のため、またその御遺族のために行 うということでしょう。葬り方によって亡くなった人の運命が左右されるわけで はありません。死の向こうは神の領域ですから。亡くなった方を手厚く葬ること は純粋にその方に対する愛の表現です。また、葬儀は遺族のための慰めでもあり ます。慰めは人々の愛によっても与えられますが、最終的には福音の言葉

「終わりに備える生活(1)」(信仰生活入門29)

人生の終わりである「死」に向けてきちんと備えをすることができるためには、 自らの「死」と平安をもって向き合うことのできる確かな根拠が必要です。その ためには単なる「死は終わりではない」という言葉や、一般的な「霊魂不滅の思 想」は本質的に助けになりません。「死」と向き合うことは、自らの人生と向き 合うことでもあるからです。人生における罪責を負ったまま、死んでもなお永遠 に罪人として《不滅》であるとす

「悪魔に打ち勝つ生活(4)」(信仰生活入門28)

「神の武具」について、前回の続きです。 4「信仰の盾」 この「盾」とは体がすっぽりと入る大盾を意味します。「悪 い者(すなわち悪魔)」は様々な形で「火の矢」を放ってくることでしょう。時 にそれは「誘惑」であり、時には「艱難」であるかも知れません。私たちは悪魔 に対して「火の矢を放つな」とは言えません。火の矢が飛んでくる現実は避けら れません。しかし、その火の矢で火だるまになる必要もありません。火の