• 頌栄教会

「聖霊の働き」(1)

 4月21日のイースターから教会の暦においては「復活節」に入りました。この期間は特に、聖霊のお働きに心を向け、神の御業を待ち望む期間であることについては先週書いたとおりです。

 聖書において聖霊は風にたとえられることがあります。(原語においては「霊」と「風」は同じ単語です。)あるいは水や火にたとえられることもあります。しかし、聖霊のお働きについて考える上で、まず忘れてならないことは、聖霊は神であり、三位一体の神の第三位格だということです。すなわち、非人格的なパワーやエネルギーのごとくに考えてはならないということです。四世紀に成立したニカイア・コンスタンティノポリス信条においては「聖霊は主、いのちの与え主であり、父と子から出て、父と子と共に礼拝され、共に栄光を帰せられます」という言葉をもって信仰が言い表されております。そのように聖霊は礼拝すべき御方であり、信仰の対象なのです。

 イエス様はその御方を「別の弁護者」(ヨハネ14:6)と呼ばれました。「弁護者(パラクレートス)」は「傍らに呼ばれた者」が原意です。他に「助け主」「慰め主」などの訳が可能です。「別の」と言われているのは、イエスご自身が第一のパラクレートスだからです。そのイエス様に等しい「別の」パラクレートスが天に上げられた後に遣わされる。そう主は言われたのです。その御方が傍らにおいでくださり、私たちの助け主、慰め主として共にいてくださり、私たちの内にいてくださいます。私たちの信仰生活はすべてその方のお働きのもとにあって成り立っているのです。                  (清弘剛生)

わたしは父にお願いしよう。父は別の弁護者を遣わして、永遠にあなたがたと一緒にいるようにしてくださる。 ヨハネ14:16

4回の閲覧

最新記事

すべて表示

「終わりに備える生活(2)」(信仰生活入門30)

葬儀は誰のために行われるのでしょうか。 まず考えられるのは、葬儀は亡くなった方のため、またその御遺族のために行 うということでしょう。葬り方によって亡くなった人の運命が左右されるわけで はありません。死の向こうは神の領域ですから。亡くなった方を手厚く葬ること は純粋にその方に対する愛の表現です。また、葬儀は遺族のための慰めでもあり ます。慰めは人々の愛によっても与えられますが、最終的には福音の言葉

「終わりに備える生活(1)」(信仰生活入門29)

人生の終わりである「死」に向けてきちんと備えをすることができるためには、 自らの「死」と平安をもって向き合うことのできる確かな根拠が必要です。その ためには単なる「死は終わりではない」という言葉や、一般的な「霊魂不滅の思 想」は本質的に助けになりません。「死」と向き合うことは、自らの人生と向き 合うことでもあるからです。人生における罪責を負ったまま、死んでもなお永遠 に罪人として《不滅》であるとす

「悪魔に打ち勝つ生活(4)」(信仰生活入門28)

「神の武具」について、前回の続きです。 4「信仰の盾」 この「盾」とは体がすっぽりと入る大盾を意味します。「悪 い者(すなわち悪魔)」は様々な形で「火の矢」を放ってくることでしょう。時 にそれは「誘惑」であり、時には「艱難」であるかも知れません。私たちは悪魔 に対して「火の矢を放つな」とは言えません。火の矢が飛んでくる現実は避けら れません。しかし、その火の矢で火だるまになる必要もありません。火の