• 頌栄教会

「聖霊の働き」(6)

聖霊はキリストの体の各部分に霊の賜物を分け与えます。

 パウロはコリントに宛てた手紙の中で「霊の賜物」の実例として例えば「奇跡を行う力」や「病気を癒す力」などを含め幾つもの超自然的な能力を挙げています(1コリント12:8以下)。実際、使徒言行録を読みますと奇跡的な癒しの話が頻繁に出て来ますし、当時のコリントの教会においても、そのような霊的な力の現れは決して珍しくはなかったのでしょう。そのような力の現れは今日の教会において必ずしも身近なものではないかもしれませんが、その意味するところは重要です。すなわち、教会が形作られる上で重要なのは、人間がもともと持っているものではなく、神から来るものだということです。言い換えるならば、能力にせよ何にせよ、私たちはただ人間の持っているものを持ち寄って教会を形作るのではない、ということです。このことを心に留めておかないと、教会の行うことは所詮人間の業の寄せ集めに過ぎないものとなってしまいます。「人間の業」は人間だけでできますから、神への期待をもって祈ることもなくなるでしょう。

 教会は人間の内に宿り働かれる聖霊の無限の力に目を向けることを大切にしなくてはなりません。聖書に書かれている霊の賜物のリストはそのことを繰り返し私たちに思い起こさせてくれているのです。         (清弘剛生)

霊の賜物は種々あるが、御霊は同じである。務は種々あるが、主は同じである。働きは種々あるが、すべてのものの中に働いてすべてのことをなさる神は、同じである。各自が御霊の現れを賜わっているのは、全体の益になるためである。 1コリント12:4-7

すべてこれらのものは、一つの同じ御霊の働きであって、御霊は思いのままに、それらを各自に分け与えられるのである。 1コリント12:12-13

9回の閲覧

最新記事

すべて表示

「終わりに備える生活(2)」(信仰生活入門30)

葬儀は誰のために行われるのでしょうか。 まず考えられるのは、葬儀は亡くなった方のため、またその御遺族のために行 うということでしょう。葬り方によって亡くなった人の運命が左右されるわけで はありません。死の向こうは神の領域ですから。亡くなった方を手厚く葬ること は純粋にその方に対する愛の表現です。また、葬儀は遺族のための慰めでもあり ます。慰めは人々の愛によっても与えられますが、最終的には福音の言葉

「終わりに備える生活(1)」(信仰生活入門29)

人生の終わりである「死」に向けてきちんと備えをすることができるためには、 自らの「死」と平安をもって向き合うことのできる確かな根拠が必要です。その ためには単なる「死は終わりではない」という言葉や、一般的な「霊魂不滅の思 想」は本質的に助けになりません。「死」と向き合うことは、自らの人生と向き 合うことでもあるからです。人生における罪責を負ったまま、死んでもなお永遠 に罪人として《不滅》であるとす

「悪魔に打ち勝つ生活(4)」(信仰生活入門28)

「神の武具」について、前回の続きです。 4「信仰の盾」 この「盾」とは体がすっぽりと入る大盾を意味します。「悪 い者(すなわち悪魔)」は様々な形で「火の矢」を放ってくることでしょう。時 にそれは「誘惑」であり、時には「艱難」であるかも知れません。私たちは悪魔 に対して「火の矢を放つな」とは言えません。火の矢が飛んでくる現実は避けら れません。しかし、その火の矢で火だるまになる必要もありません。火の