• 頌栄教会

「聖霊の働き」(7)


 聖霊は福音宣教に必要とされる力を与えてキリスト者を備えます。

 キリストは復活され、弟子たちに度々現れました。「イエスは苦難を受けた後、御自分が生きていることを、数多くの証拠をもって使徒たちに示し、四十日にわたって彼らに現れ、神の国について話された」(使徒1:3)と書かれています。復活のキリストにまみえるという深い宗教的な体験を与えられました。しかもそのキリストによって直々に神の国について教えられた弟子たちでした。聖書を悟るように心の目が開かれ、聖書がキリストについてどのように語っているか、なぜキリストが苦難を受けなくてはならなかったかを教えられた弟子たちでした。語るべき真理は既に与えられていました。しかし、それにもかかわらず、彼らはすぐに出て行ってキリストを宣べ伝えることは許されなかったのです。弟子たちはエルサレムに留まるように命じられました。彼らは時が満ちるのを待たなくてはなりませんでした。なぜでしょうか。「あなたがたの上に聖霊が降ると、あなたがたは力を受ける」と主は言われました。彼らに必要とされていたのは天からの力でした。

 この国においてキリストを伝えることは難しい。家族にキリストを証しすることは難しい。そんな声をしばしば耳にします。しかし、本当は「難しい」のではなく「不可能」なのです。実際に復活のキリストに会った人たちでさえ、そのままではキリストの証人にはなれなかったのですから。私たちはひたすら聖霊のお働きに期待し、上からの力を求めねばならないのです。    (清弘剛生)

あなたがたの上に聖霊が降ると、あなたがたは力を受ける。そして、エルサレムばかりでなく、ユダヤとサマリアの全土で、また、地の果てに至るまで、わたしの証人となる。 使徒言行録1:8

16回の閲覧

最新記事

すべて表示

「終わりに備える生活(2)」(信仰生活入門30)

葬儀は誰のために行われるのでしょうか。 まず考えられるのは、葬儀は亡くなった方のため、またその御遺族のために行 うということでしょう。葬り方によって亡くなった人の運命が左右されるわけで はありません。死の向こうは神の領域ですから。亡くなった方を手厚く葬ること は純粋にその方に対する愛の表現です。また、葬儀は遺族のための慰めでもあり ます。慰めは人々の愛によっても与えられますが、最終的には福音の言葉

「終わりに備える生活(1)」(信仰生活入門29)

人生の終わりである「死」に向けてきちんと備えをすることができるためには、 自らの「死」と平安をもって向き合うことのできる確かな根拠が必要です。その ためには単なる「死は終わりではない」という言葉や、一般的な「霊魂不滅の思 想」は本質的に助けになりません。「死」と向き合うことは、自らの人生と向き 合うことでもあるからです。人生における罪責を負ったまま、死んでもなお永遠 に罪人として《不滅》であるとす

「悪魔に打ち勝つ生活(4)」(信仰生活入門28)

「神の武具」について、前回の続きです。 4「信仰の盾」 この「盾」とは体がすっぽりと入る大盾を意味します。「悪 い者(すなわち悪魔)」は様々な形で「火の矢」を放ってくることでしょう。時 にそれは「誘惑」であり、時には「艱難」であるかも知れません。私たちは悪魔 に対して「火の矢を放つな」とは言えません。火の矢が飛んでくる現実は避けら れません。しかし、その火の矢で火だるまになる必要もありません。火の