• 頌栄教会

「聖霊の働き」(7)


 聖霊は福音宣教に必要とされる力を与えてキリスト者を備えます。

 キリストは復活され、弟子たちに度々現れました。「イエスは苦難を受けた後、御自分が生きていることを、数多くの証拠をもって使徒たちに示し、四十日にわたって彼らに現れ、神の国について話された」(使徒1:3)と書かれています。復活のキリストにまみえるという深い宗教的な体験を与えられました。しかもそのキリストによって直々に神の国について教えられた弟子たちでした。聖書を悟るように心の目が開かれ、聖書がキリストについてどのように語っているか、なぜキリストが苦難を受けなくてはならなかったかを教えられた弟子たちでした。語るべき真理は既に与えられていました。しかし、それにもかかわらず、彼らはすぐに出て行ってキリストを宣べ伝えることは許されなかったのです。弟子たちはエルサレムに留まるように命じられました。彼らは時が満ちるのを待たなくてはなりませんでした。なぜでしょうか。「あなたがたの上に聖霊が降ると、あなたがたは力を受ける」と主は言われました。彼らに必要とされていたのは天からの力でした。

 この国においてキリストを伝えることは難しい。家族にキリストを証しすることは難しい。そんな声をしばしば耳にします。しかし、本当は「難しい」のではなく「不可能」なのです。実際に復活のキリストに会った人たちでさえ、そのままではキリストの証人にはなれなかったのですから。私たちはひたすら聖霊のお働きに期待し、上からの力を求めねばならないのです。    (清弘剛生)

あなたがたの上に聖霊が降ると、あなたがたは力を受ける。そして、エルサレムばかりでなく、ユダヤとサマリアの全土で、また、地の果てに至るまで、わたしの証人となる。 使徒言行録1:8

16回の閲覧

最新記事

すべて表示

「悪魔に打ち勝つ生活(2)」(信仰生活入門26)

3世紀初頭に書かれた「ヒッポリトスの使徒伝承」という文書によると、古代 の洗礼式においては、志願者が司祭の右に立ってこう宣言することになっていた ようです。「サタン、わたしはおまえと、おまえの一切の虚栄と、おまえの一切 のわざを捨てる」。つまり洗礼は新しい命に生きることを意味するのですが、それはまたサタンに反旗をひるがえして戦う者として生きることをも意味したの です。それゆえに、洗礼式は「入隊式」

「悪魔に打ち勝つ生活(1)」(信仰生活入門25)

今回のテーマは「試練」と「誘惑」に関するものです。「試練」と「誘惑」の 問題について語るときに、どうしても避けて通ることができないのは「悪魔」に ついて語ることです。 さて、この「悪魔」についての二つの誤った態度があります。一つは過度に不 健全な関心を向けることです。今日、「悪魔」という検索ワードで検索するなら ば、約九千万件のヒットがあります。それだけ様々な関心から「悪魔」について 語られている

「神に献げる生活(4)」(信仰生活入門24)

私たちは自分で自分自身を造ったのでも、自分で自分自身を生かしているので もありません。また、自分で自分を救ったのでも、自分で永遠の命を獲得したの でもありません。すべては恵みによって与えられているのです。私たちは自分が 造ったのではない世界に取り囲まれ、自分が造ったのではないものによって支え られ、それらを通して生かされてきたのです。また自分の力によってではなく、 ただキリストが全てを捧げてくださ