• 頌栄教会

「聖霊の働き」(8)

聖霊は福音宣教を妨げる隔ての壁を打ち壊します。

 イエス様は、「あなたがたの上に聖霊が降ると…エルサレムばかりでなく、ユダヤとサマリアの全土で、また、地の果てに至るまで、わたしの証人となる」と言われました。使徒言行録はその言葉が実現したことを伝えています。それは困難な道筋でした。困難であったのは、単に福音に敵対する人々がいたからではありません。福音が地の果てにまで届けられることを妨げていたのは、何よりも彼ら自身が造り上げていた隔ての壁だったのです。サマリアには、ユダヤ人と決して融和することのなかったサマリア人がいました。そして地の果てには異邦人がいるのです。使徒たちは当初、ユダヤ人以外にキリストを伝える意志など、まったくありませんでした。サマリア人がいる教会、異邦人がいる教会など、考えも及ばなかったのです。この隔ての壁、特にユダヤ人と異邦人を隔てる壁を破壊したのは聖霊の力に他なりませんでした。

 身近な隣人の実に小さな違いをもなかなか受け入れることができない私たち、往々にして新しい人が加えられることよりも居心地の良い教会が保たれることを求めてしまう私たちに、主は「地の果てに至るまで」と言われます。ならば私たちが築いてしまっている隔ての壁を打ち壊してくれる聖霊の力強いお働きが、私たちに対しても必要なのでしょう。「地の果てに至るまで」ならば、これまで出会ったことのないような人々との出会いを想定しなくてはならないのですから。                            (清弘剛生)

あなたがたの上に聖霊が降ると、あなたがたは力を受ける。そして、エルサレムばかりでなく、ユダヤとサマリアの全土で、また、地の果てに至るまで、わたしの証人となる。 使徒言行録1:8

12回の閲覧

最新記事

すべて表示

「悪魔に打ち勝つ生活(2)」(信仰生活入門26)

3世紀初頭に書かれた「ヒッポリトスの使徒伝承」という文書によると、古代 の洗礼式においては、志願者が司祭の右に立ってこう宣言することになっていた ようです。「サタン、わたしはおまえと、おまえの一切の虚栄と、おまえの一切 のわざを捨てる」。つまり洗礼は新しい命に生きることを意味するのですが、それはまたサタンに反旗をひるがえして戦う者として生きることをも意味したの です。それゆえに、洗礼式は「入隊式」

「悪魔に打ち勝つ生活(1)」(信仰生活入門25)

今回のテーマは「試練」と「誘惑」に関するものです。「試練」と「誘惑」の 問題について語るときに、どうしても避けて通ることができないのは「悪魔」に ついて語ることです。 さて、この「悪魔」についての二つの誤った態度があります。一つは過度に不 健全な関心を向けることです。今日、「悪魔」という検索ワードで検索するなら ば、約九千万件のヒットがあります。それだけ様々な関心から「悪魔」について 語られている

「神に献げる生活(4)」(信仰生活入門24)

私たちは自分で自分自身を造ったのでも、自分で自分自身を生かしているので もありません。また、自分で自分を救ったのでも、自分で永遠の命を獲得したの でもありません。すべては恵みによって与えられているのです。私たちは自分が 造ったのではない世界に取り囲まれ、自分が造ったのではないものによって支え られ、それらを通して生かされてきたのです。また自分の力によってではなく、 ただキリストが全てを捧げてくださ