• 頌栄教会

「聖霊の働き」(8)

聖霊は福音宣教を妨げる隔ての壁を打ち壊します。

 イエス様は、「あなたがたの上に聖霊が降ると…エルサレムばかりでなく、ユダヤとサマリアの全土で、また、地の果てに至るまで、わたしの証人となる」と言われました。使徒言行録はその言葉が実現したことを伝えています。それは困難な道筋でした。困難であったのは、単に福音に敵対する人々がいたからではありません。福音が地の果てにまで届けられることを妨げていたのは、何よりも彼ら自身が造り上げていた隔ての壁だったのです。サマリアには、ユダヤ人と決して融和することのなかったサマリア人がいました。そして地の果てには異邦人がいるのです。使徒たちは当初、ユダヤ人以外にキリストを伝える意志など、まったくありませんでした。サマリア人がいる教会、異邦人がいる教会など、考えも及ばなかったのです。この隔ての壁、特にユダヤ人と異邦人を隔てる壁を破壊したのは聖霊の力に他なりませんでした。

 身近な隣人の実に小さな違いをもなかなか受け入れることができない私たち、往々にして新しい人が加えられることよりも居心地の良い教会が保たれることを求めてしまう私たちに、主は「地の果てに至るまで」と言われます。ならば私たちが築いてしまっている隔ての壁を打ち壊してくれる聖霊の力強いお働きが、私たちに対しても必要なのでしょう。「地の果てに至るまで」ならば、これまで出会ったことのないような人々との出会いを想定しなくてはならないのですから。                            (清弘剛生)

あなたがたの上に聖霊が降ると、あなたがたは力を受ける。そして、エルサレムばかりでなく、ユダヤとサマリアの全土で、また、地の果てに至るまで、わたしの証人となる。 使徒言行録1:8

閲覧数:12回

最新記事

すべて表示

「御国が来ますように」という祈りに、この第三の祈りが続きます。これは第 二の祈りの内容的な展開であると考えられます。「御国が来ますように」と祈る ということは、天におけるように地の上にも神の御心が行われることを願い求め ることでもあるからです。 「地の上に御心が行われること」を求める祈りは、現実には地の上に御心が実 現していないという事実を示しています。実際私たちはそのような世界に生きて いるので