• 頌栄教会

「聖霊の働き」(9)

 聖霊は神の国における救いの完成を前もって味わわせてくれます。

 これまで8回にわたって「聖霊の働き」について書いてきました。聖霊のお働き、すなわち神の御業は現実に既に始まっています。そして、それは完成へと向かっているのです。神のなさることですから中途半端で終わるはずがありません。それゆえにまた、私たちに与えられ、私たちに内住される聖霊は、聖書において「初穂」(ローマ8:23)や「保証」(エフェソ1:14)という言葉をもって表現されているのです。

 「初穂(アパルケー)」というのは、最初に収穫された部分のことです。祭儀の場合、これが神に捧げられました。このように捧げられる初穂の後には刈り入れの全体が続きます。そのように「初穂」とは「先立って与えられる一部分」を意味するのです。つまり私たちには最終的に神による完全な救いが約束されているのですが、その救いの完成に先だって、既に私たちにはその一部分が与えられているのです。

 また、同じように聖霊について用いられている「保証(アラボーン)」という言葉は、いわば「手付金」を意味します。やがて全体を受けとることの保証として前もって受け取る一部分のことです。私たちは現在のこの現実の生活において、前もって神の国の救いの一部分を約束と共に受け取って味わうことが許されているのです。それがキリストによる罪の贖いにあずかり、聖霊の内住によって既に与えられる信仰生活なのです。              (清弘剛生)

この聖霊は、わたしたちが御国を受け継ぐための保証であり、こうして、わたしたちは贖われて神のものとなり、神の栄光をたたえることになるのです。 エフェソ1:14

3回の閲覧

最新記事

すべて表示

「終わりに備える生活(2)」(信仰生活入門30)

葬儀は誰のために行われるのでしょうか。 まず考えられるのは、葬儀は亡くなった方のため、またその御遺族のために行 うということでしょう。葬り方によって亡くなった人の運命が左右されるわけで はありません。死の向こうは神の領域ですから。亡くなった方を手厚く葬ること は純粋にその方に対する愛の表現です。また、葬儀は遺族のための慰めでもあり ます。慰めは人々の愛によっても与えられますが、最終的には福音の言葉

「終わりに備える生活(1)」(信仰生活入門29)

人生の終わりである「死」に向けてきちんと備えをすることができるためには、 自らの「死」と平安をもって向き合うことのできる確かな根拠が必要です。その ためには単なる「死は終わりではない」という言葉や、一般的な「霊魂不滅の思 想」は本質的に助けになりません。「死」と向き合うことは、自らの人生と向き 合うことでもあるからです。人生における罪責を負ったまま、死んでもなお永遠 に罪人として《不滅》であるとす

「悪魔に打ち勝つ生活(4)」(信仰生活入門28)

「神の武具」について、前回の続きです。 4「信仰の盾」 この「盾」とは体がすっぽりと入る大盾を意味します。「悪 い者(すなわち悪魔)」は様々な形で「火の矢」を放ってくることでしょう。時 にそれは「誘惑」であり、時には「艱難」であるかも知れません。私たちは悪魔 に対して「火の矢を放つな」とは言えません。火の矢が飛んでくる現実は避けら れません。しかし、その火の矢で火だるまになる必要もありません。火の