• 頌栄教会

「聖霊の働き」(9)

 聖霊は神の国における救いの完成を前もって味わわせてくれます。

 これまで8回にわたって「聖霊の働き」について書いてきました。聖霊のお働き、すなわち神の御業は現実に既に始まっています。そして、それは完成へと向かっているのです。神のなさることですから中途半端で終わるはずがありません。それゆえにまた、私たちに与えられ、私たちに内住される聖霊は、聖書において「初穂」(ローマ8:23)や「保証」(エフェソ1:14)という言葉をもって表現されているのです。

 「初穂(アパルケー)」というのは、最初に収穫された部分のことです。祭儀の場合、これが神に捧げられました。このように捧げられる初穂の後には刈り入れの全体が続きます。そのように「初穂」とは「先立って与えられる一部分」を意味するのです。つまり私たちには最終的に神による完全な救いが約束されているのですが、その救いの完成に先だって、既に私たちにはその一部分が与えられているのです。

 また、同じように聖霊について用いられている「保証(アラボーン)」という言葉は、いわば「手付金」を意味します。やがて全体を受けとることの保証として前もって受け取る一部分のことです。私たちは現在のこの現実の生活において、前もって神の国の救いの一部分を約束と共に受け取って味わうことが許されているのです。それがキリストによる罪の贖いにあずかり、聖霊の内住によって既に与えられる信仰生活なのです。              (清弘剛生)

この聖霊は、わたしたちが御国を受け継ぐための保証であり、こうして、わたしたちは贖われて神のものとなり、神の栄光をたたえることになるのです。 エフェソ1:14

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

「悪魔に打ち勝つ生活(2)」(信仰生活入門26)

3世紀初頭に書かれた「ヒッポリトスの使徒伝承」という文書によると、古代 の洗礼式においては、志願者が司祭の右に立ってこう宣言することになっていた ようです。「サタン、わたしはおまえと、おまえの一切の虚栄と、おまえの一切 のわざを捨てる」。つまり洗礼は新しい命に生きることを意味するのですが、それはまたサタンに反旗をひるがえして戦う者として生きることをも意味したの です。それゆえに、洗礼式は「入隊式」

「悪魔に打ち勝つ生活(1)」(信仰生活入門25)

今回のテーマは「試練」と「誘惑」に関するものです。「試練」と「誘惑」の 問題について語るときに、どうしても避けて通ることができないのは「悪魔」に ついて語ることです。 さて、この「悪魔」についての二つの誤った態度があります。一つは過度に不 健全な関心を向けることです。今日、「悪魔」という検索ワードで検索するなら ば、約九千万件のヒットがあります。それだけ様々な関心から「悪魔」について 語られている

「神に献げる生活(4)」(信仰生活入門24)

私たちは自分で自分自身を造ったのでも、自分で自分自身を生かしているので もありません。また、自分で自分を救ったのでも、自分で永遠の命を獲得したの でもありません。すべては恵みによって与えられているのです。私たちは自分が 造ったのではない世界に取り囲まれ、自分が造ったのではないものによって支え られ、それらを通して生かされてきたのです。また自分の力によってではなく、 ただキリストが全てを捧げてくださ