• 頌栄教会

「顕現祭(公現祭)」

 本日1月6日は教会の暦においては「顕現祭」あるいは「公現祭」と呼ばれる祝祭日です。東方から来た占星術の学者たち幼子イエスに黄金、乳香、没薬を捧げて礼拝したことを記念する日です。

 マタイによる福音書において、最初にイエスを礼拝した人たちがユダヤ人ではなく異邦人である占星術師であったことは、その幼子がユダヤ人のみならず異邦人を照らす光であり、すべての人に与えられた救い主であることを意味します。ですから、マタイによる福音書は、復活したキリストの次の命令によって締めくくられるのです。「わたしは天と地の一切の権能を授かっている。だからあなたがたは行って、すべての民をわたしの弟子にしなさい」(マタイ28:18‐19)。それゆえに、異邦人である私たちもまた、イエスの名によって集まり礼拝を捧げているのです。

  顕現祭のこの日、ページェントでもお馴染みのあの場面を思い起こしましょう。キリストとは最も遠い存在であると思えるような東方の占星術の学者たちが、キリストのもとに導かれたのです。「この人がキリストのもとに導かれることはないだろう。キリストを信じることはないだろう」と家族や友人について思い込んでいる人はいませんか。大丈夫です。どんな人であっても、あの東方の占星術師ほど遠くにはいないはずです。彼らをキリストに導いたのは一つの星でした。思い返せば、私たちも星に導かれるようにしてキリストのもとに来たのでしょう。今度は私たちが誰かをキリストへと導く星になる番です。 (清弘剛生)

学者たちはその星を見て喜びにあふれた。家に入ってみると、幼子は母マリアと共におられた。彼らはひれ伏して幼子を拝み、宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として献げた。 マタイ2:10‐11

31回の閲覧

最新記事

すべて表示

「終わりに備える生活(2)」(信仰生活入門30)

葬儀は誰のために行われるのでしょうか。 まず考えられるのは、葬儀は亡くなった方のため、またその御遺族のために行 うということでしょう。葬り方によって亡くなった人の運命が左右されるわけで はありません。死の向こうは神の領域ですから。亡くなった方を手厚く葬ること は純粋にその方に対する愛の表現です。また、葬儀は遺族のための慰めでもあり ます。慰めは人々の愛によっても与えられますが、最終的には福音の言葉

「終わりに備える生活(1)」(信仰生活入門29)

人生の終わりである「死」に向けてきちんと備えをすることができるためには、 自らの「死」と平安をもって向き合うことのできる確かな根拠が必要です。その ためには単なる「死は終わりではない」という言葉や、一般的な「霊魂不滅の思 想」は本質的に助けになりません。「死」と向き合うことは、自らの人生と向き 合うことでもあるからです。人生における罪責を負ったまま、死んでもなお永遠 に罪人として《不滅》であるとす

「悪魔に打ち勝つ生活(4)」(信仰生活入門28)

「神の武具」について、前回の続きです。 4「信仰の盾」 この「盾」とは体がすっぽりと入る大盾を意味します。「悪 い者(すなわち悪魔)」は様々な形で「火の矢」を放ってくることでしょう。時 にそれは「誘惑」であり、時には「艱難」であるかも知れません。私たちは悪魔 に対して「火の矢を放つな」とは言えません。火の矢が飛んでくる現実は避けら れません。しかし、その火の矢で火だるまになる必要もありません。火の