• 頌栄教会

「おとめマリアより生まれ」(使徒信条7)

「おとめマリアより生まれ」(使徒信条7)

 「おとめマリアより生まれ」。使徒信条の中に出てくる言葉です。いわゆる「処女降誕」については、抵抗を覚える人も少なくないでしょう。しかし、重要なポイントは超自然的な処女の懐胎にあるのではありません。福音書はこの奇跡を殊更に強調することなく、むしろ極めて控えめに語っているのです。この信仰告白の強調点は御子なる神がマリアという何の変哲もないごく普通の女性に宿って出産されたことにあります。しかも、ここで「おとめマリアを通して」生まれたのではなく、あくまでも「おとめマリアより(ラテン語では"ex")」生まれたと語られているのです。御子なる神は、単にマリアを通過したのではなく、人間としての御性質を、確かにこの世の生を営むマリアという人間より受け取られたのです。御子なる神は、この世の中で人間として生きるという現実を、確かに私たちと全く同じように受け取られたのです。これを「御子の受肉」と言います。福音書では「言は肉となって、わたしたちの間に宿られた」と表現されています。

 この世に生きる人間であるということ、私たちが「肉」であるということは、まことに厳しい現実です。私たちは生きている間、幾度もそのことを思い知らされます。しかし、そのような厳しい現実の中に私たちは捨ておかれているのではありません。神様はこの世界と私たちに無関心ではおられない。私たちが信じているのは、私たちを救うために徹底して関わってくださる神様です。どれほどに?御子について「おとめマリアより生まれ」と言い表されているほどに。御子が受肉されたほどにです。                  (清弘剛生)

言は肉となって、わたしたちの間に宿られた。わたしたちはその栄光を見た。それは父の独り子としての栄光であって、恵みと真理とに満ちていた。 ヨハネ1:14

43回の閲覧

最新記事

すべて表示

「終わりに備える生活(2)」(信仰生活入門30)

葬儀は誰のために行われるのでしょうか。 まず考えられるのは、葬儀は亡くなった方のため、またその御遺族のために行 うということでしょう。葬り方によって亡くなった人の運命が左右されるわけで はありません。死の向こうは神の領域ですから。亡くなった方を手厚く葬ること は純粋にその方に対する愛の表現です。また、葬儀は遺族のための慰めでもあり ます。慰めは人々の愛によっても与えられますが、最終的には福音の言葉

「終わりに備える生活(1)」(信仰生活入門29)

人生の終わりである「死」に向けてきちんと備えをすることができるためには、 自らの「死」と平安をもって向き合うことのできる確かな根拠が必要です。その ためには単なる「死は終わりではない」という言葉や、一般的な「霊魂不滅の思 想」は本質的に助けになりません。「死」と向き合うことは、自らの人生と向き 合うことでもあるからです。人生における罪責を負ったまま、死んでもなお永遠 に罪人として《不滅》であるとす

「悪魔に打ち勝つ生活(4)」(信仰生活入門28)

「神の武具」について、前回の続きです。 4「信仰の盾」 この「盾」とは体がすっぽりと入る大盾を意味します。「悪 い者(すなわち悪魔)」は様々な形で「火の矢」を放ってくることでしょう。時 にそれは「誘惑」であり、時には「艱難」であるかも知れません。私たちは悪魔 に対して「火の矢を放つな」とは言えません。火の矢が飛んでくる現実は避けら れません。しかし、その火の矢で火だるまになる必要もありません。火の