• 頌栄教会

「かしこより来たりて」(使徒信条16)


 キリストは再び来られます。使徒信条はこの信仰を「かしこより来たりて」と表現しています。キリストが再び来られるという約束は聖書に繰り返し記されています。確かにキリストの再臨がどのように起こるのかを思い描くことは困難です。しかし、その意味するところは今日の私たちにとって極めて重要です。

 第一に、キリスト再臨の約束は、神があくまでもこの地上の世界に関心を向けておられることを意味します。天だけが神の世界なのではなく、地もまた神の世界なのです。ですから、私たちはただ天を見上げて立っていてはなりません。キリストが再び来られるこの地にしっかりと足をつけて生きなくてはならないのです。私たちがいかなる仕方であれ、この地上に生きているということは、神にとって重大な関心事であることを忘れてはなりません。決して自分の人生とこの世界を放棄してはなりません。

 第二に、キリスト再臨の約束は、再び来られるキリストが私たちにとって未知なる御方ではないことを意味します。私たちはこの世の終末を怯えつつ待つのではありません。かつて神の義と愛を啓示してくださったキリストが再び来られることを待っているのです。それは神の義と愛の完成を待ち望むことに他なりません。キリストが二千年前に来られたのは、私たちに救いをもたらすためであったことを私たちは知っています。ならば、キリストの再臨を待ち望むということは、まさにその救いの完成を待ち望みつつ、喜びをもって生きることに他ならないのです。                            (清弘剛生)

ガリラヤの人たち、なぜ天を見上げて立っているのか。あなたがたから離れて天に上げられたイエスは、天に行かれるのをあなたがたが見たのと同じ有様で、またおいでになる。 使徒言行録1:11

257回の閲覧

最新記事

すべて表示

「終わりに備える生活(2)」(信仰生活入門30)

葬儀は誰のために行われるのでしょうか。 まず考えられるのは、葬儀は亡くなった方のため、またその御遺族のために行 うということでしょう。葬り方によって亡くなった人の運命が左右されるわけで はありません。死の向こうは神の領域ですから。亡くなった方を手厚く葬ること は純粋にその方に対する愛の表現です。また、葬儀は遺族のための慰めでもあり ます。慰めは人々の愛によっても与えられますが、最終的には福音の言葉

「終わりに備える生活(1)」(信仰生活入門29)

人生の終わりである「死」に向けてきちんと備えをすることができるためには、 自らの「死」と平安をもって向き合うことのできる確かな根拠が必要です。その ためには単なる「死は終わりではない」という言葉や、一般的な「霊魂不滅の思 想」は本質的に助けになりません。「死」と向き合うことは、自らの人生と向き 合うことでもあるからです。人生における罪責を負ったまま、死んでもなお永遠 に罪人として《不滅》であるとす

「悪魔に打ち勝つ生活(4)」(信仰生活入門28)

「神の武具」について、前回の続きです。 4「信仰の盾」 この「盾」とは体がすっぽりと入る大盾を意味します。「悪 い者(すなわち悪魔)」は様々な形で「火の矢」を放ってくることでしょう。時 にそれは「誘惑」であり、時には「艱難」であるかも知れません。私たちは悪魔 に対して「火の矢を放つな」とは言えません。火の矢が飛んでくる現実は避けら れません。しかし、その火の矢で火だるまになる必要もありません。火の