• 頌栄教会

「イエス・キリストを信ず」(使徒信条4)

「イエス・キリストを信ず」(使徒信条4)

 イエス・キリストは名前と苗字ではありません。「イエス」は母マリアと父ヨセフが神の示しにより付けた名前です。旧約聖書に現れてくるヨシュアという名前に当たります。それは「主は救い」という意味です。その名前はこの御方が「救い」のために来られたことを示しています。一方、「キリスト(クリストス)」は「メシア(マーシーァハ)」という言葉のギリシア語訳です。メシアとは「油注がれた者」という意味です。油注ぎという行為はもともと神による任職を意味しました。かつてそのように任職された職務の代表は預言者と祭司と王です。そこからやがて「メシア」はそれらの職務を究極的に担う、来るべき救い主を意味することとなりました。そのように、イエス・キリストという言葉は、それ自体で「あのナザレのイエスという人物こそメシアである」という信仰を表現しているのです。

 イエスこそメシア、まことの預言者です。かつて旧約の預言者はその言葉を通して神の御意志を人々に伝えましたが、この御方は御自身の人格と存在とをもって神の救いの御心を私たちに伝えてくださいました。また、イエスこそメシア、まことの祭司です。十字架の死において私たちの罪を贖ってくだり、復活され天に挙げられた御方は、永遠の大祭司として御父の御前で今も私たちのために執り成していてくださいます。そして、イエスこそメシア、まことの王です。天に挙げられた御方は、御言葉と御霊とによって私たちを治め、完全な救いにあずかる者として私たちを守り保ってくださいます。そして、やがて再び来られて、この世界のまことの王として御自身を現されるのです。        (清弘剛生)

そこでイエスがお尋ねになった。「それでは、あなたがたはわたしを何者だと言うのか。」ペトロが答えた。「あなたは、メシアです。」 マルコ8:29

15回の閲覧

最新記事

すべて表示

「終わりに備える生活(2)」(信仰生活入門30)

葬儀は誰のために行われるのでしょうか。 まず考えられるのは、葬儀は亡くなった方のため、またその御遺族のために行 うということでしょう。葬り方によって亡くなった人の運命が左右されるわけで はありません。死の向こうは神の領域ですから。亡くなった方を手厚く葬ること は純粋にその方に対する愛の表現です。また、葬儀は遺族のための慰めでもあり ます。慰めは人々の愛によっても与えられますが、最終的には福音の言葉

「終わりに備える生活(1)」(信仰生活入門29)

人生の終わりである「死」に向けてきちんと備えをすることができるためには、 自らの「死」と平安をもって向き合うことのできる確かな根拠が必要です。その ためには単なる「死は終わりではない」という言葉や、一般的な「霊魂不滅の思 想」は本質的に助けになりません。「死」と向き合うことは、自らの人生と向き 合うことでもあるからです。人生における罪責を負ったまま、死んでもなお永遠 に罪人として《不滅》であるとす

「悪魔に打ち勝つ生活(4)」(信仰生活入門28)

「神の武具」について、前回の続きです。 4「信仰の盾」 この「盾」とは体がすっぽりと入る大盾を意味します。「悪 い者(すなわち悪魔)」は様々な形で「火の矢」を放ってくることでしょう。時 にそれは「誘惑」であり、時には「艱難」であるかも知れません。私たちは悪魔 に対して「火の矢を放つな」とは言えません。火の矢が飛んでくる現実は避けら れません。しかし、その火の矢で火だるまになる必要もありません。火の