• 頌栄教会

「イエス・キリストを信ず」(使徒信条4)

「イエス・キリストを信ず」(使徒信条4)

 イエス・キリストは名前と苗字ではありません。「イエス」は母マリアと父ヨセフが神の示しにより付けた名前です。旧約聖書に現れてくるヨシュアという名前に当たります。それは「主は救い」という意味です。その名前はこの御方が「救い」のために来られたことを示しています。一方、「キリスト(クリストス)」は「メシア(マーシーァハ)」という言葉のギリシア語訳です。メシアとは「油注がれた者」という意味です。油注ぎという行為はもともと神による任職を意味しました。かつてそのように任職された職務の代表は預言者と祭司と王です。そこからやがて「メシア」はそれらの職務を究極的に担う、来るべき救い主を意味することとなりました。そのように、イエス・キリストという言葉は、それ自体で「あのナザレのイエスという人物こそメシアである」という信仰を表現しているのです。

 イエスこそメシア、まことの預言者です。かつて旧約の預言者はその言葉を通して神の御意志を人々に伝えましたが、この御方は御自身の人格と存在とをもって神の救いの御心を私たちに伝えてくださいました。また、イエスこそメシア、まことの祭司です。十字架の死において私たちの罪を贖ってくだり、復活され天に挙げられた御方は、永遠の大祭司として御父の御前で今も私たちのために執り成していてくださいます。そして、イエスこそメシア、まことの王です。天に挙げられた御方は、御言葉と御霊とによって私たちを治め、完全な救いにあずかる者として私たちを守り保ってくださいます。そして、やがて再び来られて、この世界のまことの王として御自身を現されるのです。        (清弘剛生)

そこでイエスがお尋ねになった。「それでは、あなたがたはわたしを何者だと言うのか。」ペトロが答えた。「あなたは、メシアです。」 マルコ8:29

10回の閲覧

最新記事

すべて表示

「悪魔に打ち勝つ生活(2)」(信仰生活入門26)

3世紀初頭に書かれた「ヒッポリトスの使徒伝承」という文書によると、古代 の洗礼式においては、志願者が司祭の右に立ってこう宣言することになっていた ようです。「サタン、わたしはおまえと、おまえの一切の虚栄と、おまえの一切 のわざを捨てる」。つまり洗礼は新しい命に生きることを意味するのですが、それはまたサタンに反旗をひるがえして戦う者として生きることをも意味したの です。それゆえに、洗礼式は「入隊式」

「悪魔に打ち勝つ生活(1)」(信仰生活入門25)

今回のテーマは「試練」と「誘惑」に関するものです。「試練」と「誘惑」の 問題について語るときに、どうしても避けて通ることができないのは「悪魔」に ついて語ることです。 さて、この「悪魔」についての二つの誤った態度があります。一つは過度に不 健全な関心を向けることです。今日、「悪魔」という検索ワードで検索するなら ば、約九千万件のヒットがあります。それだけ様々な関心から「悪魔」について 語られている

「神に献げる生活(4)」(信仰生活入門24)

私たちは自分で自分自身を造ったのでも、自分で自分自身を生かしているので もありません。また、自分で自分を救ったのでも、自分で永遠の命を獲得したの でもありません。すべては恵みによって与えられているのです。私たちは自分が 造ったのではない世界に取り囲まれ、自分が造ったのではないものによって支え られ、それらを通して生かされてきたのです。また自分の力によってではなく、 ただキリストが全てを捧げてくださ