• 頌栄教会

「ポンティオ・ピラトのもとで」(使徒信条9)

「ポンティオ・ピラトのもとで」(使徒信条9)

 使徒信条には「ポンティオ・ピラト」という歴史上の人物の名前が出てきます。その人のもとでイエス・キリストが苦しみを受けたことを言い表しているのです。ポンティウス家のピラトは、皇帝ティベリウスによってユダヤの第五代目総督に任命された人物でした。その在位期間は紀元26~36年です。イエス様はこの期間内のある特定の日において、ピラトのもとで審判を受け、十字架にかけられたのです。信仰告白におけるこのピラトの名は、キリストの十字架刑という出来事が確かにこの世における歴史的な日付を持っていることを示しているのです。

 私たちの人生は日付を持っています。生まれた日があり死ぬ日があります。悲しみにも苦しみにも日付があります。それらの日付の中には、一生忘れ得ない日もあるでしょう。そして、私たちの罪にも日付があります。私たちがだれかを苦しめ、だれかを傷つけるなら、その日付は一生その人の心に残るかもしれません。そして、私たちが神に背いて罪を犯すなら、その日付は神の記録に残ります。そのように、私たちの罪が日付をもった現実であるならば、神による罪の赦しもまた現実でなくてはなりません。それゆえに、キリストによる罪の贖いもまた現実に成し遂げられなくてはなりませんでした。日を刻みつつ生きている私たちに徹底的に関わり、私たちを罪から現実に救う御方として、イエス様は具体的に日を刻みつつ生き、そして現実に捧げられた罪の贖いの犠牲として、ポンティオ・ピラトの在位期間のある特定の日に死なれたのです。       (清弘剛生)            

ピラトは群衆を満足させようと思って、バラバを釈放した。そして、イエスを鞭打ってから、十字架につけるために引き渡した。 マルコ15:15

25回の閲覧

最新記事

すべて表示

「終わりに備える生活(2)」(信仰生活入門30)

葬儀は誰のために行われるのでしょうか。 まず考えられるのは、葬儀は亡くなった方のため、またその御遺族のために行 うということでしょう。葬り方によって亡くなった人の運命が左右されるわけで はありません。死の向こうは神の領域ですから。亡くなった方を手厚く葬ること は純粋にその方に対する愛の表現です。また、葬儀は遺族のための慰めでもあり ます。慰めは人々の愛によっても与えられますが、最終的には福音の言葉

「終わりに備える生活(1)」(信仰生活入門29)

人生の終わりである「死」に向けてきちんと備えをすることができるためには、 自らの「死」と平安をもって向き合うことのできる確かな根拠が必要です。その ためには単なる「死は終わりではない」という言葉や、一般的な「霊魂不滅の思 想」は本質的に助けになりません。「死」と向き合うことは、自らの人生と向き 合うことでもあるからです。人生における罪責を負ったまま、死んでもなお永遠 に罪人として《不滅》であるとす

「悪魔に打ち勝つ生活(4)」(信仰生活入門28)

「神の武具」について、前回の続きです。 4「信仰の盾」 この「盾」とは体がすっぽりと入る大盾を意味します。「悪 い者(すなわち悪魔)」は様々な形で「火の矢」を放ってくることでしょう。時 にそれは「誘惑」であり、時には「艱難」であるかも知れません。私たちは悪魔 に対して「火の矢を放つな」とは言えません。火の矢が飛んでくる現実は避けら れません。しかし、その火の矢で火だるまになる必要もありません。火の