• 頌栄教会

「全能の父なる神を信ず」(使徒信条1)

「全能の父なる神を信ず」(使徒信条1)

 使徒信条は「我は天地の造り主、全能の父なる神を信ず」という言葉から始まります。私たちは漠然と「神」を信じているのではなく、神を「全能の父」として信じているのです。(ちなみに、日本語ですと「天地の造り主」が先ですが、原文では「全能の父」が先になります。)しかし、この言葉には注意が必要です。「父なる神」という言葉は「あなたたちの親から類推して神さまを考えなさい」という意味で用いられているのではありません。もしそうなら「そんな神なら信じたくない!」という人も出てくることでしょう。「全能の父なる神を信ず」という信仰告白は、後に続く「我はその独り子、イエス・キリストを信ず」に対応しているのです。つまりこの「父」は「その独り子」の父なのであって、「父なる神」は、第一義的には、イエス・キリストの父なる神を意味するのです。

 「父なる神」という言葉を耳にするとき、私たちは自分の経験してきた親子関係ではなく、イエス・キリストがまったき愛と信頼をもって「父よ」と呼びかけている姿を思わなくてはなりません。キリストの顔が向けられている先に、すべて父なる者の原型であるまことの父がおられます。そして主は、私たちも御自分と同じように、まことの父に信頼して生きるようにと招いてくださったのです。キリストがこの父と私たちを結び付けてくださいました。神を父として知り、神を父と呼ぶ――そこにこそ救いはあります。なぜなら他ならぬこの父は全能であり、またその愛は完全だからです。今日も私たちは安心して幼子のごとく「アッバ、父よ」と呼びながら生きることが許されているのです。   (清弘剛生)

あなたがたは、人を奴隷として再び恐れに陥れる霊ではなく、神の子とする霊を受けたのです。この霊によってわたしたちは「アッバ、父よ」と呼ぶのです。 ローマ8:15

9回の閲覧

最新記事

すべて表示

「終わりに備える生活(2)」(信仰生活入門30)

葬儀は誰のために行われるのでしょうか。 まず考えられるのは、葬儀は亡くなった方のため、またその御遺族のために行 うということでしょう。葬り方によって亡くなった人の運命が左右されるわけで はありません。死の向こうは神の領域ですから。亡くなった方を手厚く葬ること は純粋にその方に対する愛の表現です。また、葬儀は遺族のための慰めでもあり ます。慰めは人々の愛によっても与えられますが、最終的には福音の言葉

「終わりに備える生活(1)」(信仰生活入門29)

人生の終わりである「死」に向けてきちんと備えをすることができるためには、 自らの「死」と平安をもって向き合うことのできる確かな根拠が必要です。その ためには単なる「死は終わりではない」という言葉や、一般的な「霊魂不滅の思 想」は本質的に助けになりません。「死」と向き合うことは、自らの人生と向き 合うことでもあるからです。人生における罪責を負ったまま、死んでもなお永遠 に罪人として《不滅》であるとす

「悪魔に打ち勝つ生活(4)」(信仰生活入門28)

「神の武具」について、前回の続きです。 4「信仰の盾」 この「盾」とは体がすっぽりと入る大盾を意味します。「悪 い者(すなわち悪魔)」は様々な形で「火の矢」を放ってくることでしょう。時 にそれは「誘惑」であり、時には「艱難」であるかも知れません。私たちは悪魔 に対して「火の矢を放つな」とは言えません。火の矢が飛んでくる現実は避けら れません。しかし、その火の矢で火だるまになる必要もありません。火の