• 頌栄教会

「十字架につけられ」(使徒信条10)

「十字架につけられ」(使徒信条10)

 キリスト教において「十字架」が特別な意味を持っていることは教会に来たことのない人でも知っておられることでしょう。キリストは十字架にかけられて死なれました。それはキリストが肉体的な苦痛や精神的な苦痛だけでなく、神の呪いを受けられたことを意味するのだと聖書は教えています。「呪い」とは神から捨てられることです。なぜキリストは捨てられたのでしょうか。それは下記の聖書箇所に書かれている通り、私たちを「律法の呪い」から贖い出すためであったというのです。

 「私は神から呪われたり、見捨てられたりするほど悪い人間ではない」と多くの人は思っていることでしょう。しかし、神の前において問題になるのは、人と比較して良いか悪いかということではありません。神がどのように見られるのかということです。すなわち問題は私たちの道徳的感覚ではなく神の律法なのです。神の正しさに基づいて裁かれるなら、いったい誰が「わたしには罪はない。呪いを受けるべき人間などではない」と主張することができるでしょう。

 しかし、正しい神の律法のもとにおいて裁かれるなら、本来呪われてしかるべき私たちに、福音の言葉はこう告げているのです。私たちが受けるべき呪いをキリストが代わって受け、わたしたちを律法の呪いから贖い出してくださったのだ、と。ですから、もはや神から捨てられることは決してないのです。私たちが正しい人間だからではなく、ただキリストのゆえに、どんなときにも「私は絶対に神から見捨てられてはいない」と信じてよいのです。     (清弘剛生)            

キリストは、わたしたちのために呪いとなって、わたしたちを律法の呪いから贖い出してくださいました。「木にかけられた者は皆呪われている」と書いてあるからです。 ガラテヤ3:13

13回の閲覧

最新記事

すべて表示

「終わりに備える生活(2)」(信仰生活入門30)

葬儀は誰のために行われるのでしょうか。 まず考えられるのは、葬儀は亡くなった方のため、またその御遺族のために行 うということでしょう。葬り方によって亡くなった人の運命が左右されるわけで はありません。死の向こうは神の領域ですから。亡くなった方を手厚く葬ること は純粋にその方に対する愛の表現です。また、葬儀は遺族のための慰めでもあり ます。慰めは人々の愛によっても与えられますが、最終的には福音の言葉

「終わりに備える生活(1)」(信仰生活入門29)

人生の終わりである「死」に向けてきちんと備えをすることができるためには、 自らの「死」と平安をもって向き合うことのできる確かな根拠が必要です。その ためには単なる「死は終わりではない」という言葉や、一般的な「霊魂不滅の思 想」は本質的に助けになりません。「死」と向き合うことは、自らの人生と向き 合うことでもあるからです。人生における罪責を負ったまま、死んでもなお永遠 に罪人として《不滅》であるとす

「悪魔に打ち勝つ生活(4)」(信仰生活入門28)

「神の武具」について、前回の続きです。 4「信仰の盾」 この「盾」とは体がすっぽりと入る大盾を意味します。「悪 い者(すなわち悪魔)」は様々な形で「火の矢」を放ってくることでしょう。時 にそれは「誘惑」であり、時には「艱難」であるかも知れません。私たちは悪魔 に対して「火の矢を放つな」とは言えません。火の矢が飛んでくる現実は避けら れません。しかし、その火の矢で火だるまになる必要もありません。火の