• 頌栄教会

「永遠の命を信ず」(使徒信条24)

 《永遠》という言葉は、本来、私たちとは全く無縁の言葉です。少なくとも、私たち人間の経験には《永遠なるもの》は存在しないからです。私たちが手にしているもの、目にしているものは、どんなに確かに見えるものであれ、一つ一つ崩れ去り、失われていくものです。一人一人の人生もまた、過ぎ去っていきます。しかし、礼拝において私たちは、およそ私たちとは無縁であったこの《永遠》という言葉を口にするのです。「我は永遠の命を信ず」と。

 「永遠の命」とは何か。それはイエス様の言葉によれば、父なる神とイエス・キリストを知ることです。「知る」とは単に知識を得ることではありません。その言葉が意味するのは人格的な交わりです。永遠の命とは、父なる神とキリストとの交わりに加えられることに他なりません。しかし、本来、《永遠》という言葉を冠することができるのは永遠なる神だけです。それゆえに、人間が永遠について語り得るとするならば、それは神との交わりなくしてあり得ないのです。 しかし、もう一方において私たちは、私たち自身の罪が神との交わりを妨げていることを知っています。神との交わりは罪の問題の解決なくしてあり得ないのです。そのためにこそイエス・キリストは来てくださいました。私たちの罪を贖い、私たちを救うためです。主が成し遂げられたことは、既にイエス・キリストに関する信仰告白の言葉において言い表されております。主の御業が、聖霊の働きによって、私たち自身に罪の赦しをもたらすのです。そして、私たちは「罪の赦し」に続いて、「永遠の命を信ず」と告白し、私たちの最終的な希望を言い表して、神に栄光を帰するのです。                  (清弘剛生)

永遠の命とは、唯一のまことの神であられるあなたと、あなたのお遣わしになったイエス・キリストを知ることです。 ヨハネ17:31

31回の閲覧

最新記事

すべて表示

「終わりに備える生活(2)」(信仰生活入門30)

葬儀は誰のために行われるのでしょうか。 まず考えられるのは、葬儀は亡くなった方のため、またその御遺族のために行 うということでしょう。葬り方によって亡くなった人の運命が左右されるわけで はありません。死の向こうは神の領域ですから。亡くなった方を手厚く葬ること は純粋にその方に対する愛の表現です。また、葬儀は遺族のための慰めでもあり ます。慰めは人々の愛によっても与えられますが、最終的には福音の言葉

「終わりに備える生活(1)」(信仰生活入門29)

人生の終わりである「死」に向けてきちんと備えをすることができるためには、 自らの「死」と平安をもって向き合うことのできる確かな根拠が必要です。その ためには単なる「死は終わりではない」という言葉や、一般的な「霊魂不滅の思 想」は本質的に助けになりません。「死」と向き合うことは、自らの人生と向き 合うことでもあるからです。人生における罪責を負ったまま、死んでもなお永遠 に罪人として《不滅》であるとす

「悪魔に打ち勝つ生活(4)」(信仰生活入門28)

「神の武具」について、前回の続きです。 4「信仰の盾」 この「盾」とは体がすっぽりと入る大盾を意味します。「悪 い者(すなわち悪魔)」は様々な形で「火の矢」を放ってくることでしょう。時 にそれは「誘惑」であり、時には「艱難」であるかも知れません。私たちは悪魔 に対して「火の矢を放つな」とは言えません。火の矢が飛んでくる現実は避けら れません。しかし、その火の矢で火だるまになる必要もありません。火の