• 頌栄教会

「永遠の命を信ず」(使徒信条24)

 《永遠》という言葉は、本来、私たちとは全く無縁の言葉です。少なくとも、私たち人間の経験には《永遠なるもの》は存在しないからです。私たちが手にしているもの、目にしているものは、どんなに確かに見えるものであれ、一つ一つ崩れ去り、失われていくものです。一人一人の人生もまた、過ぎ去っていきます。しかし、礼拝において私たちは、およそ私たちとは無縁であったこの《永遠》という言葉を口にするのです。「我は永遠の命を信ず」と。

 「永遠の命」とは何か。それはイエス様の言葉によれば、父なる神とイエス・キリストを知ることです。「知る」とは単に知識を得ることではありません。その言葉が意味するのは人格的な交わりです。永遠の命とは、父なる神とキリストとの交わりに加えられることに他なりません。しかし、本来、《永遠》という言葉を冠することができるのは永遠なる神だけです。それゆえに、人間が永遠について語り得るとするならば、それは神との交わりなくしてあり得ないのです。 しかし、もう一方において私たちは、私たち自身の罪が神との交わりを妨げていることを知っています。神との交わりは罪の問題の解決なくしてあり得ないのです。そのためにこそイエス・キリストは来てくださいました。私たちの罪を贖い、私たちを救うためです。主が成し遂げられたことは、既にイエス・キリストに関する信仰告白の言葉において言い表されております。主の御業が、聖霊の働きによって、私たち自身に罪の赦しをもたらすのです。そして、私たちは「罪の赦し」に続いて、「永遠の命を信ず」と告白し、私たちの最終的な希望を言い表して、神に栄光を帰するのです。                  (清弘剛生)

永遠の命とは、唯一のまことの神であられるあなたと、あなたのお遣わしになったイエス・キリストを知ることです。 ヨハネ17:31

25回の閲覧

最新記事

すべて表示

「悪魔に打ち勝つ生活(2)」(信仰生活入門26)

3世紀初頭に書かれた「ヒッポリトスの使徒伝承」という文書によると、古代 の洗礼式においては、志願者が司祭の右に立ってこう宣言することになっていた ようです。「サタン、わたしはおまえと、おまえの一切の虚栄と、おまえの一切 のわざを捨てる」。つまり洗礼は新しい命に生きることを意味するのですが、それはまたサタンに反旗をひるがえして戦う者として生きることをも意味したの です。それゆえに、洗礼式は「入隊式」

「悪魔に打ち勝つ生活(1)」(信仰生活入門25)

今回のテーマは「試練」と「誘惑」に関するものです。「試練」と「誘惑」の 問題について語るときに、どうしても避けて通ることができないのは「悪魔」に ついて語ることです。 さて、この「悪魔」についての二つの誤った態度があります。一つは過度に不 健全な関心を向けることです。今日、「悪魔」という検索ワードで検索するなら ば、約九千万件のヒットがあります。それだけ様々な関心から「悪魔」について 語られている

「神に献げる生活(4)」(信仰生活入門24)

私たちは自分で自分自身を造ったのでも、自分で自分自身を生かしているので もありません。また、自分で自分を救ったのでも、自分で永遠の命を獲得したの でもありません。すべては恵みによって与えられているのです。私たちは自分が 造ったのではない世界に取り囲まれ、自分が造ったのではないものによって支え られ、それらを通して生かされてきたのです。また自分の力によってではなく、 ただキリストが全てを捧げてくださ