• 頌栄教会

「神の右に座したまえり」(使徒信条15)

 使徒信条には、キリストがただ天に昇られたことだけでなく、「神の右に座したまえり」と語られています。それはいったい何を意味するのでしょうか。

 第一に、その言葉は、天においてキリストが私たちのために執り成していてくださることを意味します。使徒信条の原文(ラテン語)において、「天に昇り」まではすべて完了形で書かれており、キリストの誕生、生涯、十字架、復活、昇天はすべて過去の出来事として語られています。しかし、「神の右に座したまえり」は現在形で書かれているのです。キリストは永遠の大祭司として、今、私たちのために執り成していてくださる。過去における罪の贖いは、そのようにして現在の私たちの救いとなるのです。

 第二に、それはキリストの支配を意味します。右の座とは全権を委ねられた者の座です。復活されたキリストこそが、父なる神の全権を委ねられた王であり、まことの支配者であるということです。この世はキリストの王権を受け入れているわけではありません。そのようなこの世のただ中で、この世に先立って、キリストの王権を受け入れ、キリストに従って生きようとしているのが教会であり、そこに属するキリスト者です。私たちが礼拝において「神の右に座したまえり」と信仰を言い表す時、私たちはキリストを王とし、その王国の民として生きる者であることを公言しているのです。それゆえにまた、「神の右に座したまえり」という信仰の欠如は、我が儘で自己中心のキリスト者を生み出すことにもなるのです。                           (清弘剛生)

だれがわたしたちを罪に定めることができましょう。死んだ方、否、むしろ、復活させられた方であるキリスト・イエスが、神の右に座っていて、わたしたちのために執り成してくださるのです。 ローマ8:34

26回の閲覧

最新記事

すべて表示

「終わりに備える生活(2)」(信仰生活入門30)

葬儀は誰のために行われるのでしょうか。 まず考えられるのは、葬儀は亡くなった方のため、またその御遺族のために行 うということでしょう。葬り方によって亡くなった人の運命が左右されるわけで はありません。死の向こうは神の領域ですから。亡くなった方を手厚く葬ること は純粋にその方に対する愛の表現です。また、葬儀は遺族のための慰めでもあり ます。慰めは人々の愛によっても与えられますが、最終的には福音の言葉

「終わりに備える生活(1)」(信仰生活入門29)

人生の終わりである「死」に向けてきちんと備えをすることができるためには、 自らの「死」と平安をもって向き合うことのできる確かな根拠が必要です。その ためには単なる「死は終わりではない」という言葉や、一般的な「霊魂不滅の思 想」は本質的に助けになりません。「死」と向き合うことは、自らの人生と向き 合うことでもあるからです。人生における罪責を負ったまま、死んでもなお永遠 に罪人として《不滅》であるとす

「悪魔に打ち勝つ生活(4)」(信仰生活入門28)

「神の武具」について、前回の続きです。 4「信仰の盾」 この「盾」とは体がすっぽりと入る大盾を意味します。「悪 い者(すなわち悪魔)」は様々な形で「火の矢」を放ってくることでしょう。時 にそれは「誘惑」であり、時には「艱難」であるかも知れません。私たちは悪魔 に対して「火の矢を放つな」とは言えません。火の矢が飛んでくる現実は避けら れません。しかし、その火の矢で火だるまになる必要もありません。火の